2017年05月05日

リミッター


車に搭載されているリミッターは、事故防止を優先してかかるものだと思う。

しかし演奏家に何かしらのリミッターがかかる場合は、ミスという事故防止を優先した時であってはならないと思う。

もしリミッターがかかるとしたら、表現における事故を防ぐ時であろう。クレッシェンドをやりすぎて不自然になるとか。


いずれにせよ、事故はトレーニングで克服することによって防ぐものだ。

それはミスが無いことを優先するトレーニング、その逆だったりする。

こぢんまりとまとまらない無限に拡がるが如くの表現と、強靭かつ磐石なテクニックとは、そういう目的意識から生まれる。


リミッターというのは、演奏の上では

「音楽的の対極」

にあるものだから。


N響練習

posted by take at 21:23| 活動報告