2017年04月30日

大人的


楽譜をきちんと演奏することは大事。

でも表現することはもっと大事。

表現のために楽譜をきちんと吹くことが大事。

表現を探さずに、楽譜をきちんと吹くことに追われることは多いが、きちんと吹いてから表現ではなく、表現しようとするからきちんと吹くことが大事。

表現を探さないのは、音楽性というよりは人間性の問題かもしれない。自分と周り(演奏者と聞き手)の関係性をどう構築しようとするのか。

まずは自分を伝える気があるか。

伝えたいなら、相手の感情を意識すること。

伝わるかどうか不安になれたら、手を変え品を変えという色とりどりの表現を探し、体現しようとするはずだ。

周りからの要求に応えるだけだったり、また要求するだけだったりという、子供的な時期から脱却し、相手の心に真剣に入っていこうという大人的な人間性にたどり着いてなければならない。


東邦祭二日目

posted by take at 15:32| 活動報告