2017年04月17日

往復


コミュニケーションが滞る、KYなんていうのも含め、違う言い方をすれば「一方通行」ということになる。

ということは、上手くいっている人間関係、コミュニケーションは「往復している」となる。


最近はKYの勧めっぽい意見を言う人もいる。

いかにも上手くいっているやりとり、定番の上手さというのは言葉は違うかもしれないが、そうではなく「一方通行風」の表現をしたとしても、しかし結果面白くなったり特があったりなんてパターンを表して言うのだと思う。

ただ、流れている周りの空気と違う感じでKYっぽく表現しても、結果が良くなるのなら、それは相手の心にも響いたものがあるということで、一方通行ではなく往復したと言える気がします。


コミュニケーションというのは、例えば黙って相づちを打ちながら相手の話を聞くことに徹すれば概ね上手くいくことも多いが、そうではなく自分の言葉を挟もうとしたら、基本いついかなる時も、成功なのか失敗なのかは勘なのだと思います。


達人というのは、その瞬間に気持ちを往復させることができる。


今この流れで、自分がこう言ったら相手はこう思う、だからこう言うとうまくいく、という勘が働いている。この時点で既に一往復半してから言葉を放つことになる。

過去の経験は大きいでしょうね。失敗した投げ掛けは自分のリストから外し、上手くいった順にランクインさせていく。

更に、相手が本当に言いたいこと、この会話の結末がどうなるのが良いのかまでわかるキングオブ達人は、実は複数回の往復が瞬時に感覚的に行うことができ、それでもって「じゃあ今はこれを言う」みたいなことができる。

実は会話に健全な目的意識が、しっかり内蔵されているのでしょう。

全てセンスのなせる技ですが、いずれにせよ


「自分の中で往復させる力」


というのは、凄く大事なのだと思います。

それが正論でもただ理屈っぽく聞こえ、受け入れたくなくなるからの嫌われていくパターンというのは、実は発信時に「往復作業」がなされてないからだと思います。


それさえ上手くできれば、本屋の自己啓発のコーナーに並んでいるハウトゥ本とは違うようなKYな表現になったとしても、きっと価値あるコミュニケーションになるのでしょう。

その手の本を読んでも必ずしも上手くいかないのは、やり方だけインプットしても、往復させる力を備えてないと底の浅さで失敗するから。まあ備えている人はハウトゥ本は読まないのでしょうが。


往復させられるかどうかは比較的単純な話だと思います。

相手に対して愛情があるか、それだけ自分に余裕があるか。

それだけだと思います。

耳に気持ちいい言葉だけではなく、人生に最も必要な、厳しくとも成長させてくれる投げ掛けなんかは、愛情の産物以外の何物でもないのですから。

愛の往復こそが最も素晴らしいが、言葉はそれを実現させる大半を担っていますね。


オーディションを聞く

posted by take at 18:17| 活動報告