2017年04月15日

忘れてしまう音


今日の定期、生徒が聞きに来ていました。

「演奏会聞いた後って、楽器吹きたくなるんですよね」

演奏が良ければ良いほど、生徒たちはこの言葉を発します。ただのリスナーとしてでなく演奏を学ぶ立場として、感じたことを早く実践したい、自然とそういう欲求がわくようだ。


「印象や気づいたこと、考えたことを忘れないうちに、練習したくなるんです」


そうなんだよね。僕もかつてそうだった。

上野の石橋メモリアルホールで聞いた数々の素晴らしい演奏、聞きながら受けた「美」を直ぐにトライすれば自分もそう吹けるんじゃないか、演奏法として気づいたことも直ぐに試してみたい、何より音により興奮と喜びを得たので、自分もとにかく音を出したい。

しかしコンサート終わりは9時でそれからは吹けない。ので、翌日早朝に大学へ、となる。

自分もそうだったから、生徒の気持ちは本当によくわかる。


そう、「忘れないうちに」というのは、やっぱり忘れてしまうからなんですよね。

演奏の印象は、それがどんなに素晴らしく、どんなに刺激的でも、時間が経つとどうしても忘れてしまう。

日曜日のモーツァルトも、翌日はディテールを凄く覚えており反芻したりしていたが、一日一日とやはり忘れていっている。


逆から見つめると、印象をもち試すということは、貴重な機会でありながら、自らの時間には頻繁には訪れない。というか、聞くことをかまけると、変化のない自分の内側とだけ過ごしてしまう。


学ぶ者は特に、オーケストラでも室内楽でもソロでも、金管でも木管でも弦楽器でも歌でもピアノでも、できうる限り素晴らしい演奏会を選び、定期的に聞きに足を運ぶべきだろう。


自分の演奏こそを魅力的にしたいなら、本当に必要な時間は、理想と刺激がリアルな時間だ。

そんなことを忘れてしまっている時間が、なんだか長くなってしまわないように。


N響定期

posted by take at 21:07| 活動報告