2017年03月30日

カムジャタン!!

IMG_7310.jpgIMG_7312.jpg



二日目はカムジャタンだ!

カムジャはジャガイモ、タンはスープ、直訳するとジャガイモのスープになるが、ジャガイモのスープ自体はカムジャククという。カムジャタンは「豚の背骨とジャガイモを煮込んだ鍋」となるのである。


これを地元の若者に発注。「観光客だけだとたどり着けない店にお願い」とお願いすると、まあ、飛び込みで入るには勇気のいるような、趣たっぷりの店へと連れてってくれた。

野菜の上には、見事な大きさの豚背骨がゴロゴロ乗っている。家人によると、この立派な背骨肉は日本では手に入りにくいそう。

その上に青菜とエゴマの葉っぱがこれでもかっ!凄いじゃろっ!!と乗っている。

火の通った鍋のダシ、その美味な味自体は目新しさはないが、背骨からこそげる肉のダイナミックな旨味はやはり魅力たっぷりだ。

吉川武典から数十代前からの遺伝子、その中の野生が平成の世に蘇る感じ。まさに骨から肉を剥ぎ取り食い散らかす。お行儀なんぞ二の次だ。

そして想定以上に嬉しかったのが、火の通ったたっぷりのエゴマの葉っぱ。これがうまひうまひ。

焼肉屋でサンチュと一緒に巻き巻き用に出てくるが、あれは好き嫌いを分けるだろう。僕は嫌いではないが、積極的に好いているわけではなかった。

しかしこの葉っぱ、豚背骨こそげ肉韓国味付けとは、バッチリ合う合う!!日本ではあり得ないくらいの量をパクパクいきました。


後の人生も、カムジャタンで精をつけて健康に長生きしながら、更に、できるだけ多い回数食べたいものだ。

韓国の奥深さに、カムサムニダ。


ソウルの旅

posted by take at 19:02| 活動報告