2017年03月24日

天ぷらリアン


近所にて、またいい店見つけました。食材、味、接客とても良く、値段も凄くは高くない。お客さんも、店の雰囲気に合った落ち着いた大人たち。

「いつもと違う店を」と普段はスルーしている路地に入っていくと、奥にありました。たまには新規開拓、新道歩拓は大事ですね。

北陸の幸、刺身に天ぷら焼き魚、そして日本酒のい〜い感じを楽しみました。


おっと!この時期、ちゃんとメニューも熟読しないと、気がつくとアレを食べそびれて季節が過ぎることに。


『春野菜の天ぷら』


僕は専門店で頻繁に楽しむほどではないが、野菜や魚の天ぷらは好物。この店では、『ホタルイカと春野菜の天ぷら』となってます。こりゃ食べない理由も哲学も、食べざる法律も不安も何もない。


で、天ぷら通は「天つゆではなく塩で」とのたまったりするが、僕には二つの味どちらかを選ぶことができない。

いい店はもちろん厳選された塩を用意するが、当然天つゆも吟味され尽くした絶妙な味に仕上げてくる。食材は命、揚げっぷりは魂だが、天つゆはそれらを生かすか殺すか。当然、プライドをかけて作ってくる。

そんな天つゆはフワッと広がる出汁の香りが既に素敵で、食欲も一気にそそられる。


大好物のふきのとうを軽く塩に付けて、サクッという食感にアドレナリながら歯を入れる。大人のえぐみと品のよい塩のコラボレーションがたまらない。

ふきのとうの魅力をできる限り満喫したいし、一気に食べちゃうのはもったいなく、半分くらいになった残りを軽く天つゆに浸けてみる。浸けすぎてフニャフニャするのもなんなので、半分くらい浸し再び歯を入れる。

いやあ、塩とはまた違うコラボ。一口目から更にえぐみへの愛が高まる。

う〜ん、これでなくなってしまうのも残念すぎるもったいなさ。残りひとかけくらい残し、もう一度塩へ。


いいかもしれません、塩→天つゆ→塩。


いい店といい野菜、いい職人魂を満喫するには、浮気というわけではなく、二つの真理を交互する。そんな夜の楽しみ方が大人な感じ。

純米あればなおよろし。


N響練習

posted by take at 18:21| 活動報告