2017年03月21日

人生後半


先日、ある転職話を聞いた。

時間をかけて、自分の職場に対する疑問が膨らんでいったようだ。

「年輩の上司に相談した時、自分は定年近いからもう何事もないよう過ぎればいいだけって発言聞いて、気持ちが決まりました」

問題意識強く、理想があり意欲に溢れているほど、若者はこの手の発言には心から失望するだろう。いろんな場面で聞くこともあるタイプの発言だし、本人が冗談のつもりで言ったとしても、実は部下たちに内在している責任感を障ってしまうのだと思います。

KYにならないように「ですよね。長い間頑張ってこられましたもんね」なんて反応してても、大きく軽蔑されていることもあるだろう。

つまり、してはいけない発言のひとつだろう。


若者にエールを贈りつつも

「気持ちはわかるよ。ただその人自身が気の毒だね。本当は60才の定年時、今の人たちはまだまだ働ける身体と頭なわけで、最後まで意欲わくように仕事をし、自分も周りも惜しむように終われるのが理想。やりがいもなくただ時間が過ぎればいいって、職場のせいであれ本人のせいであれ、そんな気分で終わるその人が可愛そうだよ」

と言っていた。

「そう考えればそうですね」


人生の後半は、若い時にあった不安は減り、丁寧に身の丈に合った生き方をすれば、それなりに安定した時間は流れる。そう定めてしまえば、小市民的な(懐かしい)感覚で安気に暮らしていける。

ただ何事も終わり方は重要であり、定年後の生き方含め、早期の失速は後々響く気がする。

最後まで幸せに生ききるためには、自分の実力の頂点も現実的だが、意欲の頂点の持っていき方、周りに対する表現に求められる品性の鍛練は、若い頃より困難を極める。

いずれにせよ、感謝しながら開拓する気持ちは、持ち続けるべきだろう。それが老害でなければ、若者たちに受け継げるという価値も出てくる。

そんな人生後半を生きる価値が生まれてくるのでしょう。


クリニック

posted by take at 09:20| 活動報告