2017年03月09日

黒パン


帰国の日。フランクフルト空港で「最後のビールを」と。

ヴルストも頼んでシェアしたのですが、付け合わせのようにプレートに乗っていた黒パンが、ドストライクの味で嬉しくなってしまいました。

ホテルの朝食のはどれもまあまあ。黒パンは味薄めのドライ系ばかりで物足りなかった。

これは少しだけウェット、黒パンオリジナルの酸味と旨味が凝縮されたチョー好みの味でした。


ガス入りのミネラルウォーターもですが、日本人の大半は初めて経験した時、拒絶感が強いのでしょう。今回の旅でも、舞台裏ケータリングで用意されてる水、ガス無しの方が売れ行きが良かったです。ムジカーたち、本番前のGeppu防止も意識してでしょうが、僕は平気でがぶ飲みです。

かく言う僕も最初苦手でしたが、直ぐに好きになり、そのうち大好きになり、最後は手放せなくなり、ヨーロッパ在住間はガス入りに黒パンこそが一番の好物に。

あれから年月が経ち、日本でもあちこちで手に入るようになりましたが、このフルークハーフェン黒パンのクオリティは、それなりに探さないと見つからないかもしれない。


ヨーロッパを離れる直前、ドイツの素敵な魅力の方に再び夢中になる一瞬が訪れ、気持ちよく飛び立つことができました。


帰国日

posted by take at 09:20| 活動報告