2017年02月22日

遅くではなく速く


一番エスプレッシーヴォしたい場面で、テンポを落とし、たっぷり歌いたっぷり聞かせるという感覚と共に生きてきた。歌うならインテンポか遅くするか。

あえてテンポを速くしていき、しかしさっぱりとあっさりとではなく盛り上げるというやり方、激しくたたみこみ追い込む場面とは限らず、とにかく豊かなエスプレッシーヴォで涙を誘うが如く歌いこむ場面でのアチェレランドからの…


やはり、自分の音楽性を更に広げていかなくてはならない……大変だけど、やっぱりまずは感性に取り込んでみて。


N響みなとみらい特別公演。

posted by take at 09:53| 活動報告