2017年02月18日

ミューズの言葉


内田光子さんの言葉ってのがいろいろ面白くて。いろんな意味で別格の音楽家なので流石って感じだけど、中から「ありがち質問系」を選んでみました。


『よく音楽家になれるでしょうか、なんて質問する人いるけど、なれようがなれまいが、人がみんな反対しても、ゼッタイ無一文になってもやりたいという人以外は音楽家にならない。』


これは、思ってる楽聖も多いだろうし、受験生の親からも聞かれたことあります。「うちの子は絶対演奏家になりたいようなんですが、なれるでしょうか?」


思い出すエピソードがあります。

テレビで再現VTRやってました。ある女の子がお父さんに「美容師になりたいから、学校に行ってもいい?」と聞くと、父親は「自分で学費出して行くなら行ってもいい」と言いました。すると(なんと!)、よく考えたらそこまでしてなりたいものではないからやめた、というもの。


音大受験もどうだろう。さすがにバイトで学費は不可能だろうから、たとえば「生活費を自分で稼ぐならいっていいぞ」と言われて行くか行かないか。(実際そういう苦学生はいる)


僕の周りの演奏家に「君ならどう?」と聞いたら、

「受験の時に、生活費を自分だけで稼ぐ大変さがわかってないからもあるが、いずれにせよ、絶対行くって判断にしたと思う。てか、自分の子供が言い出したらそれだな」

と。

僕もそうですね。それで諦めるとはならない。逆に燃えそう。美容師娘は、父親に真剣具合を見透かされてたんじゃなかろうか。


いくつかある内田さんの言葉。実は一番ヒットしたのは以下のこれ。いろんな捉え方ができるが、こう言い切れること、言ってることの真理への力の強さが素晴らし過ぎて………


『「どうすればピアノがうまくなりますか」って聞かれるのね。「勝手にしなさい」と答えるんです。』


N響定期。
ブロカートの本番、明日になりました。いい演奏に仕上がってます。皆さん是非。

posted by take at 22:04| 活動報告