2017年02月09日

琉球伝説

2017020911240000.jpg


ファンタジックな歴史に彩られた琉球には、当然様々な伝説が残っている。

その中でも最も馴染みがあり、コンビニでも目にすることができるのが『琉球酒豪伝説』である。


えー、二日酔い対策サプリメントです。


さとうさんが残した伝説は「シュガー伝説」というが、この酒豪伝説は「これさえ飲めば大丈夫感」が強いのが問題だ。

長寿で強そうな琉球の人たちの伝説ですよ!!そら泡盛山盛りでも翌朝スッキリ……と思いやすいし思いたい。

一回分6袋で1.000円以上するところが、また「効くんじゃないか感」が強くてまずい。

そして何よりまずいのが、泡盛たちがうますぎることだ。夕べは焼き肉、一昨日は魚だったのだが、ラフテーテビチちゃんぷるーだけでなく、これらの料理にも合う合う。合う盛だ……合ウトー!!


『沖縄県保健食品開発協同組合では「お酒の飲み過ぎ」と「食べ過ぎ」に良い食材を科学的に研究するために国立琉球大学で研究してきました。その結果「沖縄皇金」「春ウコン」「紫ウコン」「白ウコン」と「ギムネマシルベスター」「グヮバ」「マンジェリコン」の合計7種類が、お酒の「飲み過ぎ」と「食べ過ぎ」をやわらげるという嬉しいデータを発見しました』(琉球酒豪伝説サイトより)


かつてN響で来沖した時には、大先輩琉球トランペット奏者ケンツビッチこと津堅さんが、宴会スタート時に周りに配っていた。

「吉川、これ飲めば明日絶対大丈夫だから」

と、ニマニマしながらのたまっておられたのを覚えている。ただ、そう言われた僕とそう言った津堅さんは翌日、俳人のような状態で句を読んでいた。

「ウコン飲み 泡盛飲みすぎ 伝説に」


いや、そこまで飲まずに適度に7.8杯なら、この琉球酒豪伝説のおかげで、何度スッキリだったことか。全て「過ぎたるはおやんばるが如し」だ。


津堅さんもN響を卒業された今、僕が東京でこの琉球酒豪伝説をニマニマしながら配ったりしている。


「桑田、これ飲めば明日絶対大丈夫だから」


結局、ここ沖縄でも伝説は繰り返され受け継がれてている。二日酔いになる人がいなくなれば、このサプリメントも本来は消えるはずなのだから。


沖縄県芸レッスン。楽聖はカルテット本番。
頑張れ、南の島のトロンボーンたち!!!

posted by take at 11:59| 活動報告