2017年01月31日

ノーベル物理学化学医学平和賞


昨日思いを馳せた「ぷちぷち」ですが、よく考えてみたら凄い存在である。

物を守ったりする用途として存在しているのに、トイザらスもびっくり、バズ・ライトイヤーもその存在をウルトラ妬みする人気遊具としても実力発揮しまくり。しかもストレス発散やボケ防止(?)に絶大なる効果があるということは、心療関係、カウンセラーもびっくりの医療機器なのである。

人に渡していたら、全てぷちぷちされてしまい、一ヶ所も突起の残っていないふにゃふにゃビニールを片手に泣き叫ぶ子供を何人見てきたことか。

いや、子供のみならず大人たちも

「あれ?残っていないじゃん、全部潰しちゃった?……いや、君さあ、普通残しとくもんでしょ。君だけのぷちぷちじゃないんだからさあ」とか

「えー、こほん、このぷちぷちはー、もう誰もー、やらないのかな」

「社長、それはもう誰もやりません。後はもう社長がお好きなだけ。というか新入りたちやり過ぎですよね。『一番ぷちは社長』ってのは、我が社の社訓のひとつでもあるのに、最近の若いもんは空気を読まず潰して出すばかりで……」

「まあまあ、私もどうしてもやりたいわけではないし、でも君がそこまで言うならまあ、少しだけやってみようかなあ……ぷち」

「さっすが、社長!空気出させたら社長の右に出る者はおりませんっ!!我が社は社長のこの技術と情熱でもって業界を牽引してきたわけでして……」

と、食べ物の恨み以上に強い怨念生む奪い合いが、日夜世界中でなされているのである。


ルーツを辿ると、アメリカのエアープロダクツ社がプールシート用に製造したのが始まりとあります。

1957年、2人の技術者、アルフレッド・フィールディング、マーク・カヴァネスが偶然から発明したもの。2人は簡単に清掃できる壁紙を作ろうと考え、紙の上に布地の模様をつけたビニールをかぶせた壁紙を開発しようとしたが、その際に誤ってビニールに気泡ができてしまったことから誕生したのだそうです。ビッグバンならぬ、ビッグぷちな偶然ですね。


更になんと、日本にはぷちぷちの日がある!8月8日。突起を2つ合わせた姿がアラビア数字の8を連想させることや、突起を潰す時の音「パチパチ」と「88」の語呂合わせから定められたのだと。


いずれにせよ、これだけの人類に対する貢献と、多大なる功績を生んでいることが無二の価値であることは明らかであり、史上発の『ノーベル物理学化学医学平和賞』を授与するに相応しい存在であるとしてですね………


N響練習。川越へ。

posted by take at 21:01| 活動報告