2017年01月30日

petitーpetit


空港カウンターにて。

「楽器なんですけど、箱に入れてください」

「申し訳ありません。ただ今箱の在庫が切れてまして。ぷちぷちに包んでお運びするのでいかがでしょうか?」

「は、はい」

無いものは仕方ない。ていうか、オフィシャルな交渉の場でもアレはぷちぷちと呼ばれとるやんか。

ちゃんとした呼び方ないんかのー?

ありました。正式には『気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)』というらしい。

カっタイなー。あんなに柔らかくて楽しいもんなのに。

で、更に調べたら、なんといろんなメーカーがいろんな名前で売っているではないか。

「エアキャップ」「プチプチ」「ミナパック」「エアパッキン」「エアクッション」「エアマット」「キャプロン」「エアーバック」

等の商標が存在しています。

でもみんな「ぷちぷち」としか呼ばないし、それ以外を知らない。名は体を表しまくって他を寄せつけず。

僕もただ返事するだけでなく、こう応えればよかっただろうか。


「あ、気泡緩衝材に包んでくれるんですね。もふもふやふわふわでぐるぐるではなく、ぷちぷちをくるくるなんですね。エアキャップやミナキャップではなくぷちぷちなんですね。まあ箱ではないなら多少もやもやしますが、うつうつしても仕方ないので、その案ではいはいとし、ハレバレとした気持ちとすたすたとした足取りで飛行機に乗ることにしましょう」


最低君、混み合ったカウンターにて、最もいらいらされるキャラやね。

でも大丈夫。裏へ行って、気泡緩衝材でぷちぷちしたりなんならタオル絞りしてみましょう。

「ぷちぷちぷちぷちぷちぷち〜〜〜〜〜っ」

てすれば、ほ〜らあなたのストレスもすーっきり。


帰京。

posted by take at 17:55| 活動報告