2017年01月09日

うどんはO型


昨日の宴会はワインがメイン。当然家人が作る料理はワインに合うもの。

和食というカテゴリーのものはなく、サラダやラタトゥイユからホタテのカルパッチョ、カキのコンフィチュール、ズワイガニのパルミジャンシード焼き、チキン五香粉グリル、茹でラム、ジャガイモグラタン、パンデピス、自家製レバーペーストとチーズ、最後がフレッシュバターのパスタとお一人でよく作りました。立派。

なんか横文字だらけですね。それがワインの会だということです。

で、2時半スタートで9時も過ぎた辺りで、大変沢山召し上がるゲストの方がもしかしたらまだ足りないのでは?と気を使った家人が、最後に

「じゃあ、うどんでも茹でようか?」

と。 で、高松から買って帰ってきていたうどんを茹でて、湯だめにして汁につけて食べたわけです。 散々横文字食べて、作りたてバターの最高にうまいパスタも最後にたらふく食べて、ワインでベロンベロンになった後にです。これがですね


うまいんですよね


なんとも言えず。どーかと思いますよね。ワインと横文字で六時間飲んだ後に、うどんを美味しく食べてしまう自分。呆れてしまうのですが、でも正直に生きると、うまい。

いや、横文字たちは十分美味しかったんです。でもなぜだかつるつる食べられた。

うどんはきっと、何の後でもうまいんや。いかなる料理の後でも合うんや。


O型みたいなもんやな。


NTTレッスン。金管分奏。ブロカート。

posted by take at 22:23| 活動報告