2017年01月16日

憧れの連鎖


「大人こそゆとり教育が」じゃないけど、夢も子供や若い世代に持てと要求するものではなく、大人たちこそが抱くべきものかもしれない。


夢を持つべきかどうかは、最近あちこちで語られる。

かつては、そんな議論は無かったように記憶している。夢は勧善懲悪の善であり、絶対的正義のメンタリティとして、学舎に君臨していた。人生を幸せに導く一番のエネルギー源だと。

しかし最近は、文化人含めいろんな著名人が「夢なんかもってもダメだ」と言いはじめている。


夢が叶った実感のある大人たちは、子供たちに、目標をもち邁進し達成することこそを大事だと、自分に照らし合わせて要求する。

そんな中でも、よく考えてみたら、長く強く思い続けていたというよりは、出会ったものにのめり込み運命のように成功へと流れてきたと思った人は、夢をもつ必要はなくそれよりも……と、やはり自分に照らし合わせて語る。「若者に夢を持てと要求するな」と。


自分の適正との出会い含め「のめり込める何か」に出会えず、無目的風なテイストで生きている若者は、大人たちにとって一番不安な存在になる。

しかし、大人たちが「誰でも手軽にできる娯楽」を増やし、「社会からはみでないように一律な常識の中にいろ」こそを要求していれば、自分だけのコアと出会いにくくなるのは当然だ。

そんな社会の流れに生きてきて、もうある程度安定したと安心してしまい、若者にクオリティばかり要求するの大人たちこそ、自分こその更なる成長や伸びなどの変化を望み

『夢を見続けている大人』

として生きる。

若い世代が未来に対して先細り閉塞感を持つのではなく、そんな大人たちを見て自分の未来にこそ憧れる。そんな夢の連鎖の方が大事なんじゃないだろうか。


夢を見るべきなのは、成功した気になってる、安定した気になってる大人なのでしょう。生きている限り、憧れ続け変わり続けられますようにと。


N響定期練習。大塚へ。

posted by take at 16:24| 活動報告

2017年01月15日

ゆとりがあるべき場所


例の「すぐやる脳とぐずぐず脳」ですが、いろんな人とこの話をしていて感じたことがあります。

たとえばお笑い芸人。今や芸が面白いだけでなくフリートークとしてのツッコミ、なんならボケもできなければ、長く生き残ることは難しい。

この瞬時に突っ込めるというのは、頭がいいとかセンスがいいとか考えられがちだが、少し違う観点が見える。


相手が発言したことをより深く真摯に考えてしまうと、まず的確なタイミングで、更にその後笑いも生み話が膨らむような会話にもっていくのは不可能だろう。

逆に言うと、相手の意図や本心、真実なんてものはまるで考えず、とにかく会話の空間がおかしくなるようなことをどんどん放つしかない。

それは、ほとんどが相手の立場を尊重したものではなく、どちらかと言えば小馬鹿にしたものも多く、それでも相手も笑顔になり、笑いもおこる「大人の空間」のようなものを、皆望んでいる。

そんな「深く考えない」ことが、結果的確に突っ込める=すぐ発言できるに繋がる。

そういう意味で、茂木健一郎さんの言う「すぐやる脳はちゃらんぽらん、真面目な人ほどぐずぐず脳」は合っているのだと思う。


そうだとして、私たちに必要なのは、そのための訓練だと思う。

これは「とにかく深く考えず、感じたことを発言してみる」ということに尽きると思う。

笑いがおきたり、相手に受け入れられれば正解だから取り入れればいい。アウトな発信なら、相手の不機嫌や説教を生むのだろうから、それらをよく考え、自分のやり口から外していけばよい。

そしてこの経験は、幼少の頃からできうる限り数多くあるべきだ。

つまり、一番ぐずぐずになる具合の悪い投げ掛けというのは、特に幼少から若い世代にかけて

「よく考えてからものを言いなさい」

だと思う。

同時に、どんな未熟な発言も受け入れ突っ込んであげ、あまりに周りの負担になるものならきちんと叱咤してあげる、そんな社会のゆとりが必要だろう。

ゆとり教育が必要なのは、大人の方ではないだろうか。


室内合奏団。ブロカート金管分奏。合奏。


posted by take at 21:03| 活動報告

2017年01月14日

一日に流れる音楽


今日は4枠の予定をこなした。

朝10時から12時まで泉岳寺にて高校生のレッスン、続いて1時半まで作曲コンクールの譜面審査をピアニストと一緒に、NHKホールへ移動し3時からN響の定期本番、終わって再び泉岳寺へ戻り6時から8時まで高校生のレッスン。

週末は3枠のことが時々あるが、4枠はさすがに珍しい。

終わった瞬間、頭も身体もくたくただったが、充実した一日だった実感もあった。


ベルリンにいた頃、帰国したら忙しくせず余裕ある毎日を送ろうと考えたりしていた。

そう思っていたのに、帰ってきたら自分でとても忙しくしている。コントロールしようとすれば、できないわけではないのですが……

ただ、依頼されたものを断らずに全て詰めこみ、ジグソーパズルを埋めるようなことをしているわけではない。

先日も書いたように、やりたいことだけをしていたい我が儘な生きざま。帰国からの長い時間の中で、何が自分のやりたいことで何がそうでないかは時間をかけて理解し、調整をしてきた。

音楽に関わることであり、ただあれこれ単発を無造作に増やさず、長いスパンの中でお互いが成長していけるような関係。

そこに生き甲斐と充実を感じることがわかった今、音楽に満ちた時間は、それがたとえハードであってもとても幸せなものだ。


それで良しとしてくれている周りには、感謝以外の言葉はない。4枠を過ごした自分に、素直にわく感情。


僕の日常のほとんどは、確かに音楽と共に流れている。


上記の一日。

posted by take at 17:36| 活動報告

2017年01月13日

興奮と冷静


かつて高校生のレッスン中に「あまり興奮しないで吹こう」と投げ掛けたことがある。

難しいソロの曲の姿形がかなり崩れるほど、鼻息フンフン吹いていたので。

すると一区切りついた時、「先生、興奮してはいけないんですか?」と聞いてきたので、

「興奮して吹きたい気持ちはわかるよ。でもどこかで冷静な自分がいないと、結局満足しない結果にしかならないからね。お客さんこそが興奮しなきゃならないからね」

と答えたことがある。


私たち演奏家も指揮者も同じだと思うが、じゃあ冷めてればいいのか、といえばそうではないと思う。

ただ、客が興奮する時というのは、演奏家が凄く興奮している時でないことはたしか。

演奏には「興奮へ」も含め、閃きや流れからの偶然の産物はあるが、やはりやり口というのが存在する。

そのやり口を手に入れるために最も必要なのは、


『日常の時間における冷静かつ奥深い考察』


に他ならない。

そこには、我を見失うほどの興奮は存在しない。


N響定期。

posted by take at 17:58| 活動報告

2017年01月12日

ま、いっか


茂木健一郎さんの「すぐやる脳とぐずぐず脳」の話をテレビで見たことがあります。本もかなり売れたようですが、端的に話した内容はとても面白く、印象に残りました。

すぐやる脳はある程度ちゃらんぽらんな人、ぐずぐず脳は真面目な人だと。



『世の中には二通りの人間がいる。何に対しても素早く決断して行動できる「すぐやる」人間と、なかなか物事を決められず、考えすぎて動けない「すぐやれない」人間。ビジネスの世界で結果を出している人はもちろん前者。一方、後者は意外なことに真面目な人が多い。きちんと取り組もうとすればするほど、なぜかやる気が落ちてしまい、仕事を後回しにするクセがついてしまっているという。

「すぐやる」「すぐやらない」という差がどこから生まれてくるかというと、脳の働きが大きく関係している。「すぐやる脳」とは、「抑制」が外れて軽やかに動く頭脳。「すぐやらない」人間を脳科学的にみると、むしろ脳が正しく働いていると言える。この現象は子供も大人も同じ。集団のルールを大事にする人ほど、「慎重に検討しなければならない」「常識で考えると……」といった抑制が働き、行動にブレーキをかけてしまいがち。いわば、真面目に生きようとすればするほど、行動力は失われていく。「すぐやらない」人は、「すぐやる」ことが苦手なわけではなく、「脳の抑制の外し方」を知らないだけなのだ。』


この話を生徒としていたら、突然質問をされた。


「先生はどちらなんですか?」


う〜ん……考えてしまった。

僕は、自分のやりたいことはせっせとするが、やりたくないことはまるきりできない人間です。子供の頃も、勉強はやらずトロンボーンはずっと吹いていた。

結構年齢を重ねて気がついたのは、

「僕は、やりたいことだけで24時間365日を生きていたい、そんな人間だ」

ということ。

運良く演奏家になれたというのは大きい。アマチュアの人と話すと「仕事はやりたいことではありません。週末の趣味のために、やりたくないことをやってるんです」とはっきり言う人は多い。

僕も、演奏家になれてなかったらそう生きていたのでしょう。でも本当に運良くなれたため、演奏以外の時間も「やりたいことだけで埋めてしまいたい」と思っている。贅沢だし我が儘だ。

そのために、結果やらなければならない細かいことはそれなりにある。教育現場でも演奏会の企画段階でも。それらに関しては、昔よりは多少フットワーク軽くやるようになったかな、という感じ。まるで完璧にはいかず、宿題も随時持っていたりするダメダメぶりですが。


「君はどうなの?」

「私は、完全にぐずぐず…」

「真面目なんだよ。ちゃらんぽらんは大事だよ。絶対こうしなければならないっていうのをやらなかったからって、自分が死ぬわけないし、地球が滅びるわけじゃないし。ま、いっか……って大事だよ」

「ま、いっかですか」

彼女は苦笑から少しうつむいて

「私、多分一度も言ったことないです」

「じゃあ言ってごらん、ま、いっかって。隣を歩いている彼氏の鼻から鼻毛が見えてたって、ま、いっかってね」

言った後「たとえがなんだったか」と思ったけど、ま、いっかである。

生徒は、僕の実像の大きさしか敬わないのだから。


N響定期練習。川越へ。
今日で1900日目になりました。いつまで書くのやら。ま、いっか。


posted by take at 13:45| 活動報告