2016年12月28日

平凡な食レポ

2016122812330000.jpg

2016122912530000.jpg

2016122812160000.jpg

高松は東京より冷えとるが。


ということで、学生たちは冬休みではあるが一高レッスンである。

ということで、年末なのにうどん屋は開いており、じゃあ仕方ないから上原屋に食べにくる。上が今日、下が明日(書いているのが29日なのです)のうどんランチ、略して……ドンチ。そして、忙しいはずの年の瀬に、ずるずるした行列を作ってしまう、うどん県民の絵。


やはり、絶品かけと絶品ひやかけのふたつのテイストの出汁どちらかを諦めることはできない。

じゃあざるはなんだ、ということですが、これは箸休めですね。濃い味のツユにつけたプレーンな麺を挟むことによって、あらためて各々の出汁と麺のコラボ味がクレッシェンドするわけです。

じゃあ天ぷらはなんだ?ということですが、これは栄養バランスですね。今日がナスとアジフライ、明日がたこと玉ねぎなわけです。れんこんを棄てたのは苦渋の決断でしたが、まあ素晴らしく考えられた栄養バランス。栄養士も「え〜よ〜」としか言い様のない、素晴らしいチョイスです。

え?食べ過ぎ?

いや、写真で見ると、凄く多く見えるでしょ。実際に食べてみるとですね、こりゃまあ……少なくはないですね。でもツルリ。

あ、味レポですよね。失礼しました。

あの、写真ですでに美味しそうじゃないですか。でもね、どんくらいうまいかは食べた人にしかわからないわけですよ。それはそれはもう


まいう


なわけです。ちゅうことでレポート終わります。


高松一高レッスン。

posted by take at 16:38| 活動報告