2016年12月16日

トロンボーンの難易度


妄想してみる……

トロンボーン以外の演奏家が、この楽器を吹きはじめたとする。

まず、スライドによるポルタメントが楽しくて、しばらくはプワプワやるだろう。そして、その素晴らしい音色にも魅了され楽しんだりする。セクションを組んで和音の中に身を置いたりなんかしたなら、そら気持ちよくて

「なるほどね。トロンボーンの人たちがこの楽器を愛するのはこういうことなのね」

と納得したりする。


ただ同時に、音をきちんと並べようとしたり細かい音符を吹こうとした時、わかっていたとはいえ、自分の楽器とのギャップを強く感じるだろう。

そうか、こんなに音を変えるのに労力がいるのか……

指を数センチ曲げればいい。何本かの指を交互に、また同時に動かせばいい。16分音符でも32分音符でも、指を速く動かしてしまえばいい。そして、口と息をキープしたまま指だけで音を変えればいい。

そんな当たり前が、この楽器では全くできない。

まず思ったより楽器が重く、左手だけで持ち上げ続けるのがなかなかに大変。スライドを動かして、しかし楽器が動かないようにするにはなかなかに困難だ。

指は一本も何本も使えない(ロータリー以外)ので、腕一本の行き来、しかもかなりの距離を動かしてようやく音が変わる。細かく速い動きは、限界点が凄く早く、この楽器をやる以上はそれは諦めなければならないか。

スパン!とは音が変わらずポルタメントが簡単に入ってしまう。ゆえに今まで使ったことない時も、常に舌を駆使しなければならない。それにより、真っ直ぐ保ったまま整然と音を移動することに関して、なんて難易度が高いのか……つまり、ポルタメントやスライドヴィブラートは楽しいし、音も魅力的、ハーモニーなんか最高だが、フォルムや音の移動の容易さを諦めるざるを得ない。

それが、トロンボーンをやるということ。


実はこの妄想は、トロンボーンあるあるではない。トロンボーンだけ吹いてきた人は、これを労苦だとは感じていないし、容易に音が変わる世界のことは、興味の対象にはなっていない。

きっと知らない方がいいことのひとつだ。


ただそんな私たちだから、整然としていないフォルムに対するボーダーが低かったりするのは事実。「トロンボーンだし」みたいな気持ちも持ってたりする。

その気持ちが、私たちを甘い取り組みにしてしまうこと。そして実は物凄く難しい楽器なので、そうとう強いイメージをもたないと、結果だるだるな演奏にしかならないことを知っていたい。


レッスン。海上自衛隊レッスン。

posted by take at 16:51| 活動報告