2016年12月14日

空腹は最大の超魅了


おバカな話だが、楽器吹くと特にお腹が減るということに、最近になって納得したボン太郎。

楽聖なんかあの若さで、当たり前のようにいつも言ってる。

「あー、たくさん吹いたからお腹すいたー」

頼もしい楽聖たちではないか。


昨日は、レッスン終わり国際通りから少し路地を入った店に。不味くはないが特に美味しい店というのでもなく。

ただ、楽聖たちと様々吹き吹きし、最後はブルックナーのロマンティックを全パート、NHKホールバージョンで一緒に吹いたこともあり、空腹マックス。大人げなくも「ハラへった〜〜」を連発し、オリオン乾杯からのつまみへと。

すると、ビールもまみつもなんとも上手いではないか。最初に出た塩キャベツは、肉体労働者仕様なくらい塩辛く、「こ、これは、かなり塩気が強いね」だったのだが、美味しく食べられたのです。

で、いろいろ食べながらお腹が満たされてくると、さほど美味しい店でないこともわかってきた。

「やっぱり空腹は最大の調味料なんだなあ」

これも後れ馳せながら理解。

今夕刻、レッスンの合間にこれ書いているが、もうお腹と背中がひっつきそうなくらいペコペコ。でもまだエワイゼンのトリオが残っている。

今日はうちなープレイヤーとの宴。きっと凄く美味しくスタートできるんでしょう。


かつて、ある恰幅のよかった人がダイエット後に

「今は普通に三食、以前は常にお腹がすかないように食べ続けていた」

とのたまっていた。つまりこれは、一番美味しくなく感じるパターンなのだろう。

毎日毎食、空腹にしきって食べたら、幸せな食事ばかりになるんでしょうね。

楽聖諸君、つまりさらいまくってハラ減らせということです。そこ!!間食してんじゃない!!!


沖縄県芸レッスン。

posted by take at 19:30| 活動報告