2016年12月11日

袖情報


先月、琉球王国に滞在した三日間、結局持っていった上着をほぼはおらず、半袖かりゆしで過ごしきり、お江戸に帰国したらでらさむで、翌朝から52年ぶりの11月降雪なんてことがありました。

那覇にてのそーなのかーのひとつに、僕的にはさほど寒くないのに、楽聖たちが「寒い寒い」と。耐寒レベルがかなりずれてる印象。

実際彼らも、さほど寒くはならないというのはわかっており、こんなことも教えてくれた。

「うちなーの女の子、全然寒くない冬に、ニットでかためたりするんですよ」

たけ「若者たちよ、おしゃれというのは身体をはるものなんだよ」

「でも、汗だくになってたりするんですよ」

健気じゃあないですか。


そんななので、お江戸でコートでぶるぶるでも、王国はどうなのかわからない。毎度、前日に楽聖にメールで『袖情報』を教えてもらう。

一年のうちほとんどが「半袖です」「お昼は半袖です」。上着を持っていっても結局はおらないことも多く、楽聖の情報は天気予報の100倍正確である。

明後日から行くのでそろそろ聞くのだが、そういや10日くらい前

「今日の那覇は30度(^^)」

なんてFacebookの書き込みもあった。ひぇ〜〜〜(冷えてないけど)


時代が時代ならこんなことも。

琉球商人「国王さま、これはほんの少しですが、わたくしどもからのお土産、ちんすこうの黄金味でございます」

国王「お、これはこれは…ん、中にはネーカーが入っておるでねーかー。照喜名屋、おぬしも悪よのー」

琉球商人「いえいえ、国王さま、なんくるないでございます。これは決して袖のしたなんてものではありません」

国王「…………袖ってなあに?」


N響定期。カルメン楽日。

posted by take at 09:27| 活動報告