2016年12月06日

オケマンのたたずまい


僕は、二つのオーケストラにしか在籍してこなかった。普通か……

N響にいるメンバー。生え抜きでN響のみ知っている人もいるが、多い人で過去三つのオケに在籍してきた人もいる。

セクションは定年他でいなくなる人、新しく仲間になる人いるのだが、僕は今まで述べ14人の人たちの隣で吹いてきた。(エキストラを入れたらもちろんかなりの人数になります)


そんな中で、隣で吹いていてプレッシャーを感じさせてくるなんて人は、もちろん一人もいなかった。

しかし、ムードとして余計な緊張感を全く与えない人となると、そうではない人もいる。

それは別に悪いことしているというわけでなく、長く一緒にやるわけで、結果様々な顔つき、態度、表現を見ることになるのが普通。

しかし、指揮者がどんなタイプであれ、練習のムード、演奏自体がどうなっていても、動じず平常心を保っている人もいる。その人との記憶で、こちらが特別にネガティブな影響を受けたことが全くないという。その人だって、不満や不安はあるだろうに、オーケストラの席に座っている時は、一切態度や顔に出さない。

僕なんかは全く誉められず、くだらないこと言ったり、腹立たしい時には指揮者に小さく文句を言ってしまう時もある。

今振り返ってみて、一切周りに負担を与えてない人たちは、本当にオケマンとして立派だなあと思う。


オーケストラをやることは大変なことで、曲も指揮者も様々なことを要求してくるし、周りの仲間の耳も気になる。楽しいばかりというよりは、普通に取り組んでプレッシャーがかかることが多い。

一人のオケマンとして、ポーカーフェイスならぬ、ポーカー態度というのは、人間性もあるが、称えられるべき資質かと感じている。

全ての演奏家は、自分に集中し演奏しなければならないのだから。


N響定期練習。

posted by take at 18:07| 活動報告