2016年12月05日

生きてくれている


様々周りに対して感謝をする。

その理由は、自分は自分の力で生きているのだと勘違いせず、自分以外の人々、事柄のおかげで生きていけている、つまり「生かされている」と心底納得することで、人間社会の中で相応しい言動ができる人間になるということでしょう。他人をむやみに攻撃したり迷惑をかけたり、また自分の人生を悲観しないように。

同時に周りにいる人は、「生きているのが当たり前」といなくならないことに普段は疑問をもたないが、よく考えると、

「生きてくれている」

とも考えられる。

いくつまで生きれば往生かはそれぞれの考え方次第だが、若者だけでなく年配の方々も当たり前のように生きてくれていて、そして私たちは幸せだ。いなくなってしまうことが、実はなにより辛い。

周りの人が生きてくれていることだけでも、感謝に堪えない。

また、自分もありがたいと思うなら、しっかり生き続けなければならない。


N響定期練習。

posted by take at 18:18| 活動報告