2016年12月26日

聞こえない音を聞く


「年取ると、高音域が聞こえなくなるって本当ですか?」

まあ全面的に肯定すると、高齢の音楽家は皆問題があるとなるが、マエストロ・ブロムシュテットはじめ、世界の名演奏家たちがこの現実を語る無意味さを示し続けている。

ただ実際には、少なからずあるのでしょう。携帯アプリなんかの「年齢別モスキートーン」みたいなので測ると、若者たちが「ギャッ☆」と叫んでも、こちらはピクリとも感知しない堂々たる無反応。「ホヘ…今世界で何かが起こったの?」てなムードである。



ただ、楽器を吹く場合、

「実際には耳に聞こえない音(聞こえにくい音)を聞こうとする、探そうとする」

ことは、大事なことではないだろうか。

私たちの人生最大の難関は、「離れて自分の音を聞くことができない」ことだ。そこでは、どんなに素晴らしく、またどんなにみすぼらしい音が聞こえていたとしても、実際リアルタイムで聞いて感じることは不可能だ。

今自分に聞こえている音が、あちらでは違って聞こえていることを知ってはいても、全てが想像の範疇を超えることはない。

その意味で、本来は聞こえない「あそこでの音」を探し、聞こうとすることはまず大事。


ただそれだけでもなく、自分の耳に聞こえている音、たとえばこれを『実音』と名付けたとして、この実音以外に響いている音や成分が必ずあり、それこそが

「自分の音を魅力的なものにしてくれる」

と感じるのは、大切なことではないかと思う。


私たちは「倍音の多い音を」なんてことも言うが、実際自分でその倍音が聞き取れるのかといえばこれまた怪しい。

つまり実音だけを聞き取りなんとかしようとするのでは、音は本物の魅力から削れていく方に向くのではないだろうか。

霞のようにぼやかせば良いという話ではない。音の密度を上げ、空間の響きと共に魅力を作り上げることはとても大切な価値観。

そのことも含め、要求のベクトルが「自分の耳から外へ」と向いていく、全て想像力や妄想力が豊かな創造力に繋がる。

そんなメンタルこそが必要。


KSKコンサート、レッスン。

posted by take at 19:42| 活動報告

2016年12月25日

クリスマスおらの通りを…


イブの日は、15時からNHKホールで第九の本番でした。

そんな日の夕刻に渋谷にいるのはなんだが、ルードヴッヒの音楽と共に暮らしたいという人も多く、担い手としては仕方ない。

もしかしたら半数は勝負カップルか? そんな男女の思惑の成功の為にも、楽隊は渋谷にいなければならない。しかしこの時、僕の想像力は例によって貧困なままだった。渋谷はそんな男女で溢れるダンジョンになっていることに…


終演後、原宿駅か渋谷駅かというと、当然原宿を目指すべきである。実は原宿も最近コミコミだが、とは言ってもやはり渋谷は比べものにならないキングオブヤンゴミ(やんぐな人混み)なので。

で、そうすると楽屋口へではない導線でホールの外へ出るのだが、なんとなく仲間と話ながら楽屋口から出てしまった。

ま、いっか、渋谷で……

こ!ここが巨大な間違い、判断ミスっ!!!

公園通りを航海し始め直ぐに後悔。第九を聞いたばかりのカップルと並走しながら、戦闘機ゲーム並みに目前から人が向かってくるではないか。

渋谷四半世紀のウルトラテクニックを駆使し、ヨケヨケ歩くが、途中の横断歩道で後悔は決定的なものになる。対岸は黒い塊ではないか。あれは全て人間なのかっ…

あれを突き抜けるのは無理だ。聡明な僕はすぐさま右折。それで大丈夫かもと思う聡明ではない僕は、ハンズを左折しセンター街へ入った瞬間絶句。モンハンくりびつの勢いと数のヤング弾雨あられ攻撃をうけながら、ズタボロになりながらセンター街をなんとか前進。

全身傷だらけ、髪は落武者のように乱れ落ち、満身創痍の状態でスクランブルにたどり着いたら、そこには見たこともない光景が。

こちらは巨大な黒い塊、あちらも巨大な黒い塊。信号の青化と共に塊同士は移動。交差点の真ん中で遂に接触。のまんま動かず。

こっ、こんなことがっ!!

交差点の向こうは、人が流れてきたはずなのに既に塊。人々は数少ない隙間を探し、小さな移動を繰り返し、時間をかけて塊は入れ替わっていく。

改札に入る、入ってから、階段、ホーム、その全てが高過ぎる人口密度により、モゾモゾとしか動かないビジュアルだったのは言うまでもない。


実はこの時、渋谷にいたのはカップルばかりではない。ボッチを避けたい御一人様が「とりあえず渋谷へ行っとくか」、そんな人もきっといた。

ただ、カップルも御一人様も誰も悪くないのだ。

そこにいるべきではなかったのは、第九を終えた音楽家だけだ。あの時の渋谷で邪魔だった、余計だったのは、間違いなく判断を間違えたトホホでアホホな僕なのである。


室内合奏団。N響第九仕事、本番四日目。ブロカート。


posted by take at 14:04| 活動報告

2016年12月24日

やはり本物がいい


第九終わり帰宅したのですが、携帯をバックステージに忘れてきてしまい、タブレットでこれ書いてます。

マエストロ・ブロムシュテットのベートーベンは本当に素晴らしく、毎日奇跡とも言える時間が流れています。テンポややり口は定まっており、やる度に思い付きで変わるなんて場面は皆無な誠実さ。しかし毎回が新鮮に感じられるという本物の演奏。

僕はやはりこういうやり方にこそリスペクトしてしまう。

オークストラが整い、そして大いに歌う。上手く聞こえるようにというそういう練習もちろん大事だが、僕らプロの団体はいつも本物の音楽に出会いたがっている。

音が整うのより、指揮者と楽員全員の音楽がものをいう、そんな体験こそを数多くしたい。


N響第九仕事。本番三日目。

posted by take at 18:37| 管理人よりお知らせ

2016年12月23日

完走前に感想


総括するにはちと早いのですが、「今年一年は、とてもエキサイティングだった」と言いたい気分。

変化が多く、その変わり方もなかなかの角度だった。自分のトロンボーン、大学の環境、楽聖たちの演奏。

もちろん変わらなかったこともある。このブログは相変わらずだし、生活のルーティンや時間の使い方など。しかし、細部の気付きが多く、内容が濃厚だった印象です。

理由は、新しいアイテムの導入かなと思う。こんな僕が、去年の後半、マウスピースを20年ぶりに変えてみた。サイズは変わらない。メーカーが違うだけ。それで、いろんなことがじわじわ変わっていった。

もうひとつは、タブレット。YouTubeの視聴(限られたものだけ)の、いつでも手元感が、多くの発見に繋がった。

そして、楽聖たちとの集中レッスンの内容の変化。これば、長年の課題であり宿題だった項目に、本気で取り組んだことにより、成果を得たことと、心のひっかかりがとれたこと。

家庭の中も、趣味や健康に関しての変化があり、なんだかあれこれ充実していた。

毎年こうはいかないかもしれないが、それでも諦めずに、高い目標を掲げ、チャレンジしていきたい。


N響第九仕事、本番二日目。

posted by take at 17:22| 活動報告

2016年12月22日

オプしょば


いつぞやのサラリーマン川柳で、定年迎えて立ち食いそばも食べおさめだみたいなやつがあり、それなりに利用する僕もそんな人生の区切りに感傷的になり、心の涙と共にすすっていた時期がある。

同じルートを通勤したりするサラリーマンには、大抵お気に入りの立ち食いそば屋があったりする。

主婦はじめ女性陣には想像しにくいだろう。安価で時短、気楽な立ち食いは、家計と身体、そして仕事の効率に優しい食べ物。マダムが高価なランチをしている間に、旦那たちは生き抜く知恵と家族への愛を胸に暖簾をくぐるのだ。

いまどきは味も洗練されており、それでも好みがあったりするだろうから、何軒か食べた上で店を決めている人もそれなりにいるだろう。

何時何分の電車に乗り、何分でそばをすすり、再び何分に乗り会社へ、みたいな。定年は、そんなサラリーマンの生きてきた証にも一区切りをつける、そんなタイミングなのだ。


僕は京急品川駅ホームをよく利用するが、ここは出汁が関西風に変更することもできる。先日、僕の前と後ろのおっちゃんが続けて

「出汁関西風、ネギ多めでね」

と、ユーザーの権利であるオプションチョイスを利用しきっていた。間の僕は出汁は普通、ネギも普通で、まあつまらん人生である。

それにしてもネギ多め(NO)もかなりメジャーになり、利用者のためらいのなさも板についている。見ていると、よそう人の心意気にもよるのだろうが、この日のネギ多めはてんこ盛りで、なんと麺が見えなくなるくらい。想像以上のサービスに、見てるこっちまで嬉しくネギ臭くなってくる。

まあ、ネギが高値の時期は控えめになるのかもしれないが、いずれにせよサラリーマンには、多忙な中に訪れる小さな幸福の瞬間なのだ。

この際、あらゆる業種であらゆる疲れ具合、あらゆ食の趣味のサラリーマンたちに応え、オプションサービスの充実しまくった立ち食いそば屋はどうだろう。


リーマン「これ、DNKSNCSTCBSMMYYSATPSで」

店員「DNKSNCSTCBSMMYYSATPSですね!(厨房中に向かって)DNKSNCSTCBSMMYYSATPSでー!!」

DAIGOでなくとも、聡明な皆さんなら,直ぐにおわかりだろう。


「出汁はぬるめの関西風、ネギは超少なめで天ぷらは小さいのを別皿盛り、麺は柔らかく茹でて最後に愛情トッピングのそばで」

ということです。

それにしても、このリーマン、疲れとるなー。


川越へ。

posted by take at 09:34| 活動報告