2016年11月24日

超魅了ズ


韓国からインスタントラーメンを何種類かお土産で買って帰ったが、これがまあ、イメージ通りというかそれ以上というか辛ひ辛ひ。 (◎-◎;)

ただでさえ辛いのに、プラスするラー油もついている。片方はまだ食べられたが、もうひとつは旨味がわからないくらい辛いとレポートもあるとか。

そう、辛すぎると痛いばかりで旨味がいなくなる。那覇の黒糖スープカレーのあじとやも、レベル上げるともうヒーヒー言いながら修行のテイストになるだけ。

でも、韓国人は我々以上に唐辛子の旨味が好きなんでしょうね。でなきゃここまであれやこれやに使わないし、更にエスカレートするように量を入れないでしょう。


僕も結構好きです。七味好きですが、一味もあるとやはりかける。そばやでも、最初二口くらいそのまま食べたら“サッサッ”と降って味を足す。で、口に入れると

「やっぱりいいなあ、唐辛子」

という気持ちに、いつもなる。


先日九州料理の店で、馬刺やセキアジなんかをアテに焼酎を飲んでいた時、ふと自分の取り皿を見たら、刺身用のすった生ワサビと生姜、そしてカラシ蓮根の穴からの洋ガラシの

『三大巨辛』

だけが鎮座していて、秘めやかにテンションが上昇。しばらくこれらをツマミに宴をを楽しんでいた。


辛味調味料たち、七味、一味、ワサビ、生姜、洋ガラシに辛味大根まで。彼らの存在は、ただでさえ旨味を発揮する食材や味付けを、更に大きく膨らます実力ありまくりの演出家。

彼ら自身も単品で楽しめるポテンシャルを持ちながら、相手をあらゆる場面で更に引き立てる。本当に素晴らしい存在。


甘い人生を好む我々に、実は必要な辛さと痛み。それあっての甘味との混ざりあう世界が全て昇華した時、人は初めて、料理においても人生においても、真の幸福の価値を得られるのでしょう。


川越。ジパング。
辛味をたくさん経験した大人こそ、人生の平穏を知る。痛みの後には、必ず強い心が現れるから。


posted by take at 11:17| 活動報告