2016年11月20日

録音していいですか


アマチュアの方から質問をいただきました。

生徒「レッスンを録音するのは、問題あるんでしょうか?」

たけ「ぜんぜん(ないよ)…自由に録って……あ、そういや駄目だっていう人がいるって話を聞いたことがあったなあ。たしか、自分には肖像権があるからなんちゃらとか言ったかなあ」

録音したものを拡散するとでも思うのだろうか?随分狭量な考え方だなあと思ったのを思い出した。

生徒「ダメって人もいるみたいですね。なんか黙って録ってると盗聴みたいな感覚になるし」

たけ「そらそうだね。最初に一回だけ録ってもいいか聞けばいいんじゃないですか?僕の生徒で、毎回聞いてくるのがいてそれはそれで。僕は一回オッケーならオッケーなんだから、あとは勝手に録りなさいってな感じです」

そもそも、生徒が録音したいというのは、当然復習したいということでしょう。レッスン中は緊張しててよくわからないまま進むとか、時間が経つと風化して忘れるとかあるから録りたいと。立派な取り組みじゃないですか。

ダメとする理由が、拡散するんじゃとか、自分の音をばらまくんじゃなんて考えるのなら、大した自信の持ち主だし、そもそもそんなに疑うような相手のレッスンなら、しなければよい。それともレッスン中の自分の演奏や発言に、自信がないのだろうか。

そもそも先生の自信や肖像権なんてことよりも、レッスンは生徒がうまくなるためにやること。その積極的取り組みを禁止するということは、レッスンをなんのためにやっているのかわからなくなる。


録音機も高品質低価格と身近になったが、現代はなによりスマホでピッ。音も問題なくリアル。積極的に研究しやすい時代になったのだから、使わない手はない。

チューナーなんかもそうだが、音程の良い人が積極的に使い、悪い人は使わなかったりする。本当にうまくなりたいなら、録音をやりたがる人でありたい。


生徒との会話で久しぶりに思い出したのだが、20年前、ベルリンから帰国してからの二年半の間、シュムーとのウンターリヒト、彼の示してくれた演奏を毎日聞きながら音だしをしていた。忘れたくなかったのだ。

あの頃は、ポータブルのMDだった。あれでも便利になったと思っていたのだ。


レッスン。N響定期。ブロカート。

posted by take at 12:37| 活動報告