2016年10月26日

世界は広い、本当に


私たちは、自分のいる環境から外に、大変に広い世界が拡がっており、そこにはまだ知らぬ様々な価値観があり、それをより多く目の当たりにすることで人生が実りある豊かなものになっていくことを潜在的に知っています。

知っているのと同時に、我がフィールドこそが素晴らしいものでありたい欲求と、そこで完結していたい気持ち、その価値観が壊れるのを恐れ外の世界を見ようとしない臆病さに縛られ、世界を狭めてしまうという癖も持っている。

それは、特に年齢を重ねると顕著になる。

若い世代だと学校などで、限られた狭い環境の中での人間関係、成績等が全てに感じられ、深く悩みすぎてしまい、希望溢れる学び、選択にならない場合がある。

また会社においても、拘束時間、内容、人間関係から逃れられなくなり、その社会人としての自分に運命を感じたり、他の可能性を見つめる力を奪われてしまったりして、とりかえしのつかない病的な流れになってしまう現実もあるようだ。


私たちははっきりさせたい。特に自分に対して。


世界は広い!!


自分のたち位置を豊かにする種は、実はその無限に拡がるフィールドに山のように存在している。

年中外ばかりを見る必要はないし、自分の立っている場所をしっかりと意識し、自分なりの価値観で定めていくことは大切だ。

でも、今までもこれからも、私たちを豊かに変化させていくヒントがあるのは、外に拡がる世界だ。

生徒や子供、若い世代を狭い世界に閉じ込めてはならない。それどころか、広い世界を見に行くように背中を押さなくてはならない。

まずは自分自身が我がフィールドを出て、時に新しい感性に触れる、安住という楽さに甘えるばかりにならないことだろう。

自分のこれからを、刺激的かつ豊潤に変えたいなら、本気で理解すべきだろう。


自分は狭い、世界は広いのだと。


N響定期。

posted by take at 21:34| 活動報告