2016年10月24日

いいホール その2


昨日の東京文化会館での公演で、『スライドサミット2016』はフィナーレを迎えました。ご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。


比べてみると、随分タイプの違う二団体。演奏スタイル、レパートリー、楽器、衣装。

年齢は似通っているのですが、ははは……

結構対極にある我々かもしれません。それも含め、お客様には楽しんでいただけたのではと思います。


実は東京文化会館の小ホール、聞きには何回も来てますが、あまりやったことがありませんでした。あんなに歴史も人気もあるホールなんですが。

昨日で四度目。

最初は大学二年の時。推薦オーディションに通り、ソロを吹いた。

次は20年くらい前か。とある現代音楽のアンサンブル団体で。

三度目は一昨年。インターナショナルトロンボーンアンサンブルにジパングでゲスト出演。ただこの時は大人数に入って吹いたので、正直アコースティックはよくわからなかった。

昨日リハーサルから本番まで、とてもいいホールだという実感をもちながら吹いていました。響きの質が上質というか。いい感じで音が伸びる。

そうか、これがこのホールが人気がある理由かと、ストンとふにおちました。

ある演奏家が「以前と大分変わった。改築して、アコースティックが凄く良くなったんだよ」と言っていました。

今まであまりやってこなかったのが、凄くもったいなかったなあと思ったくらい印象良く。

大阪も東京も、素晴らしいホールで演奏ができ、とても幸せな一週間になりました。


N響定期練習。川越へ。

posted by take at 23:33| 活動報告