2016年10月21日

ギガ数


最近「ギガ数」の意味が、おくれ馳せながら少しずつ理解出来てきました。


なんだか「人間もギガやん」と思いました。


アクティブに激しく行動、頭を使う、はしゃぐ、飲み過ぎて自分の本来のギガ数を超えてしまうと、周りからのアプローチに対し反応が悪くなり、動きが遅くなる。

☆ワーイファーイ!!☆ \(^o^)/ は、自分がはしゃぐ代わりに誰かが騒いでくれて、楽しさだけ享受するので、ギガには影響がない。


そして、このギガ数は人によって違う。

皆さんの周りにもいませんか?

信じられないくらい元気な人。週に東京大阪を日帰りで二往復する人とか(おそらく541ギガ)。

バストロ吹きは、1ギガ(1G)や1,5ギガ(1ハーフG)の人が多い。

じーさんは3ギガ(3G)。

四国では88ギガ(88G)使えるようだ。

ギガが復活することを、Gigaの目覚め(自我のめざめ)と言う。


いや、そんなくだらない話ではなく、とにかく人によりギガ数は違うようだから、やたら容量の多い人(年輩の人にも多い→GiGィ)の真似をして無理をすると、ギガ数の少ない人は身体を壊すだけなので、気をつけましょう。自分の許容量の範囲で動く。

人間は僕のようにボケ放題のタケ放題ですが、パケ放題とはいかないので。


高松一高、レッスン。

posted by take at 19:55| 活動報告