2016年10月11日

一番大事を選ぶ


先日ある人と話していて、その人の意見がずっと

「一番大事なことからそれている」

と感じた瞬間がありました。(大事という言葉のなかには「大切」や「正しい」、「必要」という要素も)

いつものその人らしいっちゃあらしい発言。人当たりも良く、暗いわけでもなく、嫌な人とかとても感じが悪いとかは思わない。だから嫌いな人ではない。

ただ同意を求めてくることが、正直僕にはどうでもいい感じの意見が散見していました。

偉そうな書き方ですみません。もちろん自分が誰よりも正しいと思っているわけではないのですが。


じゃあ、その人のその発言や価値観になる根っこはなんなんだろうと考察した時、一番大事なことではなく、二番目三番目のことを優先して話しているのだと思いました。

愚痴っぽい人なのですが、「自分の気分」がその人の正論の方向性を生んでいくようです。

一番大事なことが自分ではない場合は多いし、ましてや気分の話になると、説得力はかなり薄くなる。そうなると、本当に一番大事なことというのは見失いがちになるのかもしれない。


若い頃から、要所要所で選択を悩んで家人に相談した時

「一番大事なこと、大切なことを基準に選べばいいんじゃない?」

とアドバイスをもらってきました。誘惑は多いし、自分の趣味主観に惑わされることは多々あり、弱さも顔を出すためとても難しい。

人が何かを選ぶことは何かを捨てることなので、その選択をすれば、自分の得や喜びを捨てることになる場合も多い。


結局選択を悩んでいるというのは、より多くの我が身の得を考えてたり、捨てるのを惜しんだり。また「捨ててはならない、人として」なんて多少のモラルも絡んだりすることもあるからだろう。

そして何より、自分が相手より優位にいなければ気がすまないという性根に振り回される。

大抵、バカな選択ばかりのみし続けなければ、問題なく生きていける。ただ選択の癖次第で、自らの環境や付き合う人、生きる時間のテイストは変わってくる。

その瞬間多少の我慢はあれ、実は一番大事なことを選べば、結果自分の気分も大きくそこなわない日常になるだろう。

そして、何が一番大事なのかがわかるようになる、そんな自らの訓練にもなるのだと思います。


「震災と音楽 復興と演奏」

posted by take at 14:34| 活動報告