2016年09月15日

明日はソノーレ


明日は「ホルンクラブ アンサンブルソノーレ」のコンサートです。19時から、ダク地下です。

最初に上の文章を入力した時、「ホルモンクラブ アンサンブルソノーレ」と書いていた。気づいて直したのだが、あまりにソノーレを表しているようで無かったことにするにはもったいない、スルーしにくい間違いでした。

70代の人たちが気をはくこの団体は、ホルモンのようにアブラギッシュで味わい深い。柔らかいが噛みきれない(あきらめない)感じもステキ。


今日は最後の練習におじゃましています(僕は司会と指揮)。

年齢がどうこうではなく、会話もサウンドも美味し楽しく、変化し続ける素晴らしさ。

70代U「今までの人生の辛かったことを音に込めるといいんじゃないかなあ」

50代Y「でも、広島優勝したから嬉しくてしょうがないんでしょ?無理じゃない??」

70代K「じゃあこの25年間を込めればいいんじゃないか」

…あまりにも味わい深すぎる。


僕がコメントするのはおこがましいのだが、アンサンブルは年々豊かにハモるようになっています。つまり活動の時間は若々しい息吹きに溢れているのです。

きっといくつになっても、ホルモンを食べるのをやめない人たちなのでしょう。皆さん、聞きにいらっしゃいませんか。


パスポート申請。ホルンクラブ アンサンブルソノーレ。


posted by take at 19:50| 活動報告