2016年09月10日

ブレスケア


弦楽器奏者は、私たち管楽器奏者のようなブレス、息を吸う行為をとても意識すると言う。弦に弓を当てる瞬間のタイミングやノリ、ニュアンスは的確なブレスを取ることで音楽的になると。

ただ一度弾き始めたら、彼らは途中で息継ぎをする必要はない。弓をアップダウンさせ続ければ、隙間なく延々と演奏することが可能だ。


管楽器には不可能な話。


不可能だからか、管楽器奏者にとっては、フレーズの途中でブレスを取ることは当たり前だし、「何か問題でも??」、当然の権利だと思っている。少なくとも、罪だと思っている奏者はいない。

もちろん罪ではないが、だがしかしとってはならない箇所というのは純然とある。


ブレスの場所とは……

〇絶対とってはならない箇所

〇取らない方がいいところ

〇なんなら取っても仕方がないところ

〇取らないと吹ききれないなら絶対そこしかないでしょ

しかない。そして

「取らなくて済むのならとらない」

のが実はいいのだと思います、弦楽器のように。


練習の初期は息の量のコントロールがままならなかったりして、長く続かないことも。その段階で自分で定めた(楽譜に書き込んだりした)ブレスの位置に、実は固執しない方がいい。

さらっていくうちにもつようになるのなら、ブレスの回数は減らしていく。そういう意識のトレーニングも大事。

「有罪ではないが、本当はしない方がいいし、もし回数少なくて済むなら少ない方がいい。その場合も、限られた音楽的補給地を間違えてはならない」

という意識があるのがいい。

そして、補給地を間違えるのは実は有罪だったりするのです。


川越へ。ブロカート。
いよいよ明日になりました。皆さん是非!!

posted by take at 17:37| 活動報告