2016年09月25日

伸びようとしているか?


私たちは常々、今現在の自分の状態を感じたがるし評価したがる。

「今自分はこれができる」
「今の自分にはこれはできない」
「今はこういう立場だ」
「今はこうすべぎだ」
「今はこれはしてはいけない」
「今こうしたい」
「今はしたくない」
「今は楽しい」
「今は辛い」等々…


最近、違う感覚で考えることが多くなりました。

私たちは人生という「時間」を生きている。時の流れの中に身をおいている。大事なのは、その時間が

「どう流れているか」

自分にとって、どう流れているのが充実と幸せを感じられるか、価値の実感があるか。

時間を切り取ったタテの軸ではなく、流れる時間というヨコの軸を意識することが増えました。


人間は自分も他人もクオリティではかりたがる。私たちには今の自分のスキルがとても大事に感じるし、人のこともそのように評価したがる。「自分は“今”これができる人間である」「彼は“今”これができない」みたいな。

しかし長い人生の時間が自分なりに幸せと共に成就するとしたら、それは「伸び続ける」という、変化の時間あってこそだと思う。

自分の人生の柱、そのスキル。コミュニケーション。社会や生きるということの真実を知っていくということ。これらの伸び。

ということは、「変われるような時間を過ごしているかどうか」こそが実は大きい。

実際、給料が上がるじゃないけど、昨日より出来るようになっている自分、理解が深まった自分に人は最も喜びと快感を覚える。そしてその経験こそが、再び「今から更に変わろうとする時間」の原動力になる。

暇潰し的な時間や、何かをこなしているだけ的な自分も、先へ向かうには必要だったりするが、その達成感だけでは、人生の充実からの幸せは結局感じにくい。


たとえば寝ることを惜しんでみたり、短い睡眠時間で活動できる人が「自分は人より長く生きてる」と、

「睡眠 < 起きている時間」

という図式を語る場合があるが、実は間違いだと思う。

寝てる時間こそ、疲労回復と記憶の整理という、翌日からの変化に最も必要な身体の再生に貢献しているわけで、睡眠時間が無いほど「変われない」となる。寝るのは気持ちいい行為というだけでなく、まさしく

「伸びるための時間」

なのだと思います(よし!せっせと睡眠に励もう)。

問題は、私たちが日常の時間、睡眠と同じくらい何かしら上向きに伸びるための変化のための時間を過ごせているか、その内容、プロセスをセレクトできているかだと思う。

今何ができるかではなく、今やっていることが自分を伸ばすためのことかどうか。

現実的に考えてみると、どんどん伸びる人は結局クオリティが高くなるといえる。しかし最初からクオリティが高くても(たまたま才能に恵まれた)自分を伸ばせないとしたら、たとえ世の中から認められ他人からの賛辞を得られても、本人の人生の充実、そして幸せには繋がらない。


さあ、どうやって伸びるか。教えてもらうか、レッスンをうけるか……

いや、答えは自分の中から沸くものにしかない。


自分のクオリティの低さにめげたりコンプレックスを抱く場合があるが、それは欠片も良いことには繋がらないからやめたほうがいい。

それよりは、自分が得意になれるように、自分で何かしら変えようとしているかを見つめたい。今、変えるために自分の時間を選べてないなら、そのことにこそめげるべきだ。

でも本当は凹まなくても大丈夫!

明日から転じられたとしたら、それこそが伸びなのだから。


N響定期。


posted by take at 21:25| 活動報告

2016年09月24日

意図


レッスンの時間に必要なのは、

「生徒の意図」

だと思います。先生の意図ではない。

以上。


N響定期。
♪たぁ〜〜ての意図はせぇいとぉ〜〜♪よぉ〜〜このお意図はわぁたしぃ〜〜♪逢うべき意図にぃ〜〜出逢えることを〜〜人は レッスンと呼びますぅ〜〜♪


posted by take at 00:11| 活動報告

2016年09月23日

とらぬ狸の皮算用


友人がハガキを二枚見せてきた。応募用で、バーコードを切り取ったものが二枚ずつ貼ってある。

「今アイスのモナカの二個分送ると、宝くじが当たるかもしれないんです」

たけ「君マメやね。てかそれって当たるかもしれない宝くじが当たるかもしれないし、ハズレるかもしれない宝くじがハズレるかもしれないのね」

「そういうことです」

もっと言えば、当たるかもしれない宝くじがハズレるかもしれないし、ハズレるかもしれない宝くじが当たるかもしれないわけだ。

……僕こそヒマ。


そこから「宝くじが当たったら話」になった。

「あれは、発表になるまでの時間を買うようなものなんです。当たったらあーしようこーしようと考える時間を買う。だから、すぐ発表になるスピードくじなんて、ありゃダメです」

たけ「なるほど…」

「六億円当たるとなにします」

若者「デカイテレビ買います」

たけ「あのねぇ……まあ、そこからなんだね。ただ部屋広い?知り合いで部屋が狭いのにデカイの買って“観にくいです”って言ってるおめでたいやついるからね」

「じゃあ、引っ越しからです」

たけ「引っ越しも、実はかなり豪華な引っ越しができるよ」

「僕は……居酒屋やるかなあ」

たけ「それ六億あったら、凄いゴージャスな居酒屋できるよ、何軒も」

「何します?」

たけ「そーねー、君たちはまだ若いから、いろいろな方向で考えるだろうけど、僕はもう“何を残すか”とか“オケ終わったら何をするか”とか考えちゃうね」

まあ、僕の野望は何気に恥ずかしいのでここに書くのは控えます。六億あっても、子パンダは買えないだろうし。

散々にわか金持ちへの妄想で盛り上がったが、話していた八人は誰も宝くじを買ってないので、全く意味のない時間だった。唯一可能性があるのは、アイスモナカを四個買った彼だけなのだ。

それでも飲み会はかなり盛り上がったのだから、宝くじはおめでたい連中のためにあるのだろう。


N響定期練習。大塚へ。

posted by take at 21:27| 活動報告

2016年09月22日

ギトリスの言葉


私たちの日本は、大変に辛いことに災害大国になった。長い時間の流れの中で今がそういう時期なのだとは思うが、地震や水害含め長期の復興を余儀なくされる天災が、次から次へとおそいかかってくる現実がある。

国民の感覚を想像したとき、新しい災害は上書きのような意識になり、過去の被災地への思いや記憶が薄くなってしまう印象があるとも思う。


そんな昨今でも、ヴァイオリンのイヴリー・ギトリスやピアノのイタマール・ゴランといった世界を代表する巨匠たちが、東北の被災地を訪れている。

「巨匠時代最期の巨匠」ともいえるギトリスは御年94歳。日本に来ること自体凄いことだが、本人の強い希望で大槌と陸前高田を訪れ、演奏とメッセージで被災者を励ました。

車椅子にての登場と共に、被災者の歓待は物凄かったようで、僕なんかが想像する以上の空気が会場に溢れたよう。

ほとんどの人がギトリスのことは知らなかっただろう。しかし一世紀近く生きた音楽界の巨匠、被災者よりも年が上の芸術家の支援の訪問は、彼らの心を強く揺さぶるものだったようだ。その言葉と演奏は、多くの人々に大きなインパクトを残した。


ギトリスは大泣きし、そして激怒したらしい。

仮設住宅を見て、

「こんな狭いところに、老人たちが五年以上住んでいるのか…」

と言って嗚咽をもらし、盛土だらけの町を見て

「五年経ってもこの現状とは、日本人はいったい何をやっているんだ」

と激怒した。


そんな彼の言葉こそ、全くもって正しい言葉だ。


私たち関わってきた人間でも、被災者主体にならない復興の現実を時間と共に飲み込んでいき、時間がかかりすぎていると言葉にしながらも、時と共にその腹立たしさは薄れていっている気がする。

よくわからない行政や国のルール、住民はじめしがらみ、理屈を理解する方向で時を過ごし、本当に最優先すべきこと、被災者の日常、その一日も早い平穏への願いを忘れがちだ。

ギトリスの怒りは僕への怒りであり、ギトリスの涙は情けない僕への呆れる涙でもある。



10月11日、復興を願い前へと進むべくイベントをやります。演奏はトロンボーンが中心ですが、賛同者がそうだったということでトロンボーン対象だけのイベントというわけではありません。

自身被災者であり演奏家でもある臺さんに、被災地の現実現状、そして何かしら音楽で繋がりたい、支援したいと思っている人への具体的アプローチを語っていただきます。

一人でも多くのエールを希望します。御興味ある方、メール、連絡お待ちしております。


『震災と音楽復興と演奏』

会場 日暮里サニーホール
19:00開演
入場料 一般1000円 高校生以下500円
入場料は全額、岩手県大槌町復興支援 「槌音(つちおと)プロジェクト」 に寄付されます。

講演 「震災と音楽、復興と演奏」
臺 隆裕(トランペット奏者 岩手県大槌町出身)

演奏
TSUCHIOTO
臺 隆裕 藤井 星亜 川満 恵一郎
稲荷 周佑 鈴木 芽依 浮嶋 純一

吉川 武典(NHK交響楽団トロンボーン奏者)

桑田 晃(読売日本交響楽団トロンボーン奏者)

高嶋 圭子(作曲家ピアニスト)

トロンボーン・カルテット・ティンツ
中村 友子 小宮山 碧 小和田 有希 中村 弥生

お問い合わせ
TEL : 050-3552-3522 (高嶋)


N響定期練習。NTTレッスン。


posted by take at 23:08| 活動報告

2016年09月21日

叶わぬ夢


幾人かに 「吉川さん、犬飼いなよ」と勧められている。

わかるよ。可愛いんだろうし、散歩は運動になるんだろうし、情が入るんだろうし。


でもね、実は飼うんだったら子パンダがいい。

そして夢が叶った時のため、名前も考えてある。


体長が80センチくらいまでがいい。

それ以上大きくならないのがいい。

さみしがりやじゃなく、なつっこいのがいい。

弱虫じゃなく健康体がいい。


そして、僕らより長生きするやつがいい。


N響定期練習。ジパング。


posted by take at 00:15| 活動報告