2016年08月26日

♪なんてったってH〜ighド〜ル♪


年甲斐もなくハイトーンの方へ音域を広げようとしている。

というのは、最近試しているあるトレーニングで息の流れ方に変化を感じているからであり、高音域もよりスムーズさを感じているからであり、もしかしたら、なんて夢見ちゃってるからであり。更に工夫して、なんとかピュンピュン吹けるようになんないかなあと。

ほんと、ベテランが恥ずかしげもなく目指すことじゃないよね。いや、大人げないのはわかってるんです。でもおっさんになってもやっぱりアイドルはアイドルでして……


過去、生で聞いて一番驚いたのはやはりミシェルベッケさんのハイトーン。ハイFでも“ヒュン!”からの“ヒーン”ときて、“ピューーン”と届いてくる。大抵のプレイヤーのように、ようよう出してるというのとはまるで違う。

彼の録音でびっくりするのは、若い頃のやつ。ドゥマールとの共演、ニロビッチのドッペルコンチェルトで、ダブルハイB♭がまるで中音域のアクセント奏法のように

“ヒュン!!”

と鳴ってる。

まず鳴ること自体凄いが、家庭用製麺器で作るパスタみたいに“ちゅう〜”と絞り出しているのではなく、あまりにスムーズに息が流れ、極薄ワイングラスのふちを指でヒーンみたいな響き方をするのが凄い。凄すぎる。そらマルタンのDフォルティシモなんざ、手を挙げて横断歩道を渡るより簡単だろう。


ハイトーンは、もちろん筋力トレーニングも大事だが、どちらかというとアパチュアをどこまでフォーカスできるか、エアーの角度、更に息の流れのキャラクター、そのイメージが大事でしょう。

とにかく出口を小さくしてみたり、真下に吹きだしたりとたとえば試してみても、息が出なかったり振動しなかったりする。

やはり全体の響きの密度に対するイメージ、音色の時間的移動のスムーズさに対する欲求、そしてそのためのトレーニング方法の確立が不可欠。ロングトーンだけやっても、リップスラーだけやってもアパチュアは小さくはならないだろう。

なんとかしてみたい、年甲斐もないが。生徒たちにも試してもらい実感を得たい。

みんなでハイトーンプレイヤーに憧れる。使う使わないは置いといて、やっぱりアイドルはアイドルですから。


N響、岐阜公演。

posted by take at 12:06| 活動報告