2016年08月16日

魅了させきる


近所につけめん屋が出来たので食べにいきました。お腹もすいておりやる気に溢れていたので、中盛りを頼み楽しみに待ちます。

結論から言うと、美味しかったのですが、意外に早いタイミングで飽きてしまいました。あくまで僕の好みの話ですし、今日の体調もあるのかもしれません。



飽きさせないって大事、そして難しいなあと、改めて思いました。

先日、「かりん糖(特に黒糖)は途中でピタッと入らなくなるのに、イモケンピはいつまででもいけるのはなぜか」というシンポジウムをなんこやで始め、結論出ぬままピタッと話が止まったのだが、これらは別に一袋食べてしまわなければならないわけでもないから問題にはならない。

しかしサイズが決まってる料理、コース料理、そして私たちの演奏こそ、途中で飽きられたら存在理由の大半が説明できなくなる。

義母が言った

「コース料理というのは、メインが一番美味しく食べられなくてはならない」

という価値観の、あまりにも高い難易度に深く考えてしまう。

コースなら、メインの味付けを先に設定し、それが活きるように逆算的に考えて味付けしていくのは手だろう。しかし同じ味を継続するもの、つけめんやラーメン、丼物等は、最初の一口で感動させるのはいいが、濃過ぎたり薄過ぎたり、甘過ぎたりしょっぱ過ぎたり、

「過ぎたり」

が落とし穴になるのでしょう。また味に奥行きが無さ過ぎるものも飽きるのが早い。これは人間性にも通ずる、能力という完全に実力の問題ですが。

では控え目に作れば飽きられないのか?

いや、そんな単純な問題ではない。味という瞬間的な感覚そのものに、時間の流れが絡んでいるか否か、更に人間の「満腹へと向かっていく」という現実と、満足感という極めて曖昧なものを絡ませているか。

カレー=スパイスって、そう考えると凄すぎる。いきなり感動し、そして後をひきまくる。

しかし全ての食べ物が、スパイスのように刺激的秘薬にはならないのが現実だ。


そして演奏。曲の盛り上がりの頂点から逆算して組み立てるやり方は、実は難しい。

ただ食事が食べ足していくように、聞き足していってもらいながら、とにかく止まらずとにかく途切れず音で連れていく。そうすれば、素晴らしい作品が自動的に、飽きないどころか、感動するように到達させてくれる。


飽きるって残念だ。せっかく美味しかったりもするのに。でも、理由ははっきりしていたりする。演奏が飽きる理由もだ。


大人は休日

posted by take at 23:54| 活動報告

2016年08月15日

アンアン餡♪とっても大好きっ♪みずよ〜おかん


合宿に、OGから水羊羹の差し入れがあった。

飲み会の最中に食べたらこれがとても美味しいではないか。暑い夏、飲みながら口の中がまったりした際になんとベストな食べ物か?

え?それ以外の時も美味しいって?

僕は滅多に食べないものだったので、その美味しさと季節感に馴染む見事な菓子職人の仕事が理解できてなかったわけです。

いい卒業生だ。



生徒P「せんせえ、つぶ派ですかこし派ですか?」

たけ「う〜ん、どっちも好きだし、その時の口の状態で選んだりするが、敢えて言うならこしかなあ」

生徒P「はぁぁ〜〜そ〜〜ですか〜〜〜そりゃざんっねんっだなあ〜〜」

たけ「なぬっ!?」

俺はなんかおかしいことを言ったか?!そもそもせんせえに対し残念だとはなにごとぢゃ!!生徒たちはこの10年以上の長きに渡り、私のことをドMだと勘違いしており、時折なんとも敬いの気持ちなき接し方をしたりだね……

生徒P「はいはい」

たけ「何が残念なのよ?」

生徒P「なんか、こしあんが好きってお子ちゃまってイメージじゃないですか?私の中では、こしはお子ちゃまで玄人になるとつぶ」

たけ「んなわけないでしょがー!!そんな意見初めて聞いたわ!!!」

生徒M「私もそう思ってました。せんせえこしなんだぁ」

たけ「あのねぇ!!そんな何の根拠もないイメージ価値観おかしいっしょ!!!こしが好きで何が悪い!!!!」

生徒ズ「はあ〜〜〜残念だなあ〜〜」



今日家で、頂き物の水羊羹を食べた。やっぱりうまい。今の季節にドンピシャだ。

こしあんのを食べ、あまりの美味しさにスイッチが入り、小倉つぶあんも食べてみた。

たけ「う〜ん、やっぱりこしあんもいいけど、つぶあんもいいなあ。この小豆の実態が口の中で存在感を示してて、いやあ大人の味だなあ………あれ?」


大人の休日

posted by take at 18:05| 活動報告

2016年08月14日

長いフレーズ


ラフマニノフが言った

「優れた演奏家とは、フレーズを長く演奏できる人である」

という言葉は、僕にとって本当に有難い絶対哲学です。この言葉を知り信じきった瞬間から、価値観からの向かう方向、その扉が開ききったように感じたのです。

否定する人はいないと思う。いないはずなのに、意外と長いフレーズを探していない場合も多い。

そもそも楽器を始めたばかりの中学生でもわかること。「フレーズは短くなってはならない。長い方がいい」

なのに、ラフマニノフのような偉大な音楽家が天声人語の如く語るということは、頭でわかっても実現が難しいということ。まずそもそも、

「長いフレーズとはどのようなものか」

が、本当に理解出来てない場合も多い。


しかしなんとかしてその実像を理解し、生み出す演奏法を身に付け、それこそができるようにならなければならないと思います。

なぜなら、そうなってない魅力的なパフォーマンス多々あれど、長いフレーズを真摯に積み重ねないと、やはり心から感動してもらうのは困難だから。

上手い演奏、凄い演奏、刺激的な演奏、かっこいい演奏、美しい演奏、驚くような演奏、聞いたことないような演奏……

価値ある演奏は巷に溢れているが、心から感動する演奏とは限らない。

琴線が震えたら、鳥肌がたち、最終的に涙を生む。そこまでいけるかは実は大変な道のり。金メダルを目指すようなこと。

大変に高い壁だが、なんとかして誘惑に打ち勝ち、長いフレーズを手にいれなければならない。


ブロカート、分奏、合奏。

posted by take at 16:40| 活動報告

2016年08月13日

240時間の奇跡


奇跡に近ければ近いほど、強く記憶に残るパターンになる

ということがあるのだろう。

ロンドンの小景が終わった瞬間、安堵というより、若者たちが奇跡を起こしたような錯覚にさえ包まれた。



沖縄から出てきた楽聖、埼玉の楽聖が暑いなんこやで合流。ホームステイ、ウェルカム宴会、練習、合宿を経てコンサートをやり遂げる。もちろん打ち上げまで。

それは楽しくも強い変化が各々に宿る、そんな刺激的な交流であり、とても素敵な友情や愛情が芽生える時間となった。

何より、質の高いことが短期間で混ざり合い深い理解と共に放たれたこと、中途半端ではなく存分に吸収、存分に放射されたことが、この10日間がはっきりと価値ある時間だったと確信させてくれた。ただの友達ごっこではなく、演奏家たちの真剣な感じ合いだったのです。

そこには豊かな人間力と、音楽にたいする憧れがはっきりと渦巻いていた。

それを見つめることになった僕こそが、彼らと出会えて本当によかったと、心から有難く思えたのでした。


これはきっと、ひと夏の奇跡だったのだろう。


沖縄県芸・東邦音大トロンボーンアンサンブルジョイントコンサート
コンサートの一部を、近々YouTubeにアップします。見てもらえると嬉しいです。

posted by take at 12:53| 活動報告

2016年08月12日

個性の放射


いよいよ明日になりました。


《沖縄県立芸術大学&東邦音楽大学トロンボーンアンサンブルジョイントコンサート》

日時:8月13日(土) 13:30開場 14:00開演
会場:スペースDO (管楽器専門店ダク地下)
チケット:999円(全席自由)

ガブリエリや高嶋さんのメモリーズ、ケンタウル祭に沖縄ソングメドレー、ゴスペルタイムにティボールの主題と変奏、スパーク・リフレクションズに最後はロンドンの小景。

名曲だらけ。120席限定、熱い若者たちによる、真夏の暑いスペシャルアンサンブルタイムです。

今回は、アンサンブルとしてまとまることと、個人個人の音楽がサンシャインの如く四方へ拡がるよう要求しました。お互いから影響を受け意識してほしのいと同時に、取り替え可能なパーツではなく、君でなくてはならない印象をはっきりと音で示すようにと。

今日最後の練習を聞いたのですが、沖縄の4人と東邦の11人の彼らでなくてはならない演奏に、はっきりとなっていました。

トロンボーンが言うことではなく、音楽が私たちに言っていることを自分の声にしてトロンボーンで放つ。自分の声にする段階で感じ方の個性はあり、それを音に投影する時にも人それぞれのやりたい方策が明らかにある。

「音楽的」が聞き手の心まではっきりと届くように、全身で敏感に感じとり、全て出しきるくらいはっきりと示すように。

皆さんに、彼らの思いを聞いて欲しい気持ちと共に、僕が聞けることを本当に楽しみにしているのです。

大学生たちの友情の輪は、大輪の向日葵のように開くでしょうから。


アンサンブル、最終チェック。

posted by take at 19:12| 活動報告