2016年08月31日

神の存在


かつて、「一番うまいのでは?」とまで言う人がいたラーメンの名店がありました。もう閉店してから10年以上経ちます。通っていた人たちの落胆ぶりったらなかった。その後移転した様子もなく、ファンの間では「過去の美味、その喜び」として、思い出すように語られていました。


最近ひょんなことから、そこで働いていた人がお店を出してると聞き、食べに行きました。

とても美味しいラーメン、近所にあったら間違いなく通うと思います。あの店の味の方向、美味しいスープは飲んでも飲んでも飽きず、「もう終わり」から、また何度もレンゲを手にとってしまうくらい。


ただ……あの店とは大分違いました。

十分美味しいけど、でも違う。あの店で修得した通りに作っているとの情報もあるので似ているのですが、でも距離を感じます。


凄く美味しいものというのは、無類の価値を感じます。これだけ美味しい食べ物を提供する店が溢れる現代でも、リピートしたくなるくらい美味しいというのは本当に大したもの。あれこれ楽しめるからかもしれないし、美味しいものが当たり前になりつつあるし。その中でも、「また来たい」と思わせる作り手のセンスや情熱は賛辞に値する。


ただ、それを超越した食べ物というのは、本当に存在するんですね。

底上げ含め全体のレベルが上がり、更に名手、名人、名店がどんなに増えても、実はその価値ある豊かな層の上に、更なる神の領域がある。そこには数えるほど少ない、場合によっては唯一のアイテムが存在し、知る人ぞ知る人間にとって偉大なる価値として、光輝いていたりする。

その偉大なるものと、価値ある素晴らしき層の間に、意外と距離があるのだなと思った。


決して今回食べたラーメンをけなしているのではありません。とても美味しかった。

だからこそ、神の領域が見えてしまったのです。


川越へ。


posted by take at 09:34| 活動報告

2016年08月30日

年齢たち位置


幅広い年齢層のコミュニティの中、自分がどの辺りの年として在籍しているのかで、雰囲気も気持ちも随分違ってくる。

大体の会社が、22才から60才(65才)まで、40才位の幅の層になっているでしょう。

僕の場合、N響のトロンボーンセクションで最初の10年間一番若かった。年長者が減っていき年下が増え始めたら、そこからのスピードは速く感じられ、あっという間に上の方になった。そして、最後の10年ほど最年長としてやることになりそうです。


最近、そんな感じで良かったかなと思ったりしています。

人によっては、ずーっと最年少だったり、若くして最年長になったり、また同じ位の年齢が何人もいたり、なんてパターンもある。

それが良くないと言ってるのではありません。あくまで、それぞれ感じる良いこと良くないことはあるでしょうし、その人その人の人間力が人間性を形成していくわけなので、お決まりのパターンには入らない話だと思います。


しかし僕は、数十年の社会人人生として、自分にとってはバランスがよかったんじゃないかなあと。それぞれを、それなりの期間経験できたことが。

何より、個性豊かで強力だった先輩たちにかなり抑えられても、あれだけ生意気めんどくサーだったわけで、若くして上の方、ましてや最年長なんかになりその立場で長くやることになっていたら、勘違い野郎も板について、若い世代に大いに迷惑かけまくったのではないかと思います……あ、今より更にです。


生きた長さと脳みその生きざまとして、30になったら感じたことがあり、40になったらわかったことがあり、50になって気づいたことはやはりあります。その時々で、年上も年下も自然にいることで、話を聞くこと、話すことのバランス、更にその反応や後々の反省から学んでいくことは多かった気がします。

若くして周りが聞いてくれる人ばかりだったり、年をとっても自然に話せないように育ってしまったらまずかったなと。

誰かのことを具体的に言っているのではありません。自分と周りの関係でふと思っているだけです。

まるで、今うまくいってるみたいな書きっぷりですなあ、ははは。

それもこれも、全て若い世代が評価すること。素敵な彼らのおかげで、年長者を気持ちよく過ごせるのですから、本気で心から感謝しなければならない。


休日。歯医者、整体はしご。旅疲れ、絶賛放出中。

posted by take at 20:13| 活動報告

2016年08月29日

個人×個人=団体


最近、「日本ならではのチームワーク」というものを見ると、そうではないやり方を模索している自分がいます。

いろんな場面で見ますよね。とにかく団体での規律、集団行動の価値観、調和の美、チームワーク、アンサンブルからの人の輪を重んじる日本人ですから。そこに滲む精神論がとても大事な私たち。

オリンピックでも、個人技に長けた選手の「団体でこそメダルを取りたい」なんて発言も、違和感なく大和魂を感じたり。またそんな団体での成果に、友情と感謝、日本人的人間力、そして情緒を感じたり。

ただ、最近の僕はかなりアマノジャッキーで、本田圭祐じゃないけど

「みんな、チームチームって言うけど、まずは個人やろ」

の方に傾いている。

最終的に、優れたアンサンブル、チームワークは必要だと思います。バラバラでいいとは思わない。

ただ「揃う」を語るにしても、本当に“一子乱れぬ”だけが目指すべき最終目的ではない気がするのです。どちらかというと、

『各々がより際立ち、結果揃ってないわけではない』

辺りに、優れた大人のアンサンブルと、人間がやることの真の魅力を感じたりするのです。そのために、やはり

「揃うだけが大事なことではない」

という価値観が凄く大切な気がします。


個人個人の能力が高いことは、まず前提として大事。そして、その高さを個性も含め「まるで減らさず」発揮するようなやり方、これこそが最も目指すとこではないかと。

結構難しいと思っています。ずれても、揃わなくても場面によってはスルーする選択眼を持たなければならない。そして場合によっては

「揃えにかかるな」

と言わなくてはならない。

本当に個人として全体に対して理想が持てる。更に、本当の意味で一緒に携わる人を信頼できる。自分を抑えたり、殺したりしているように一切うつらない。

日本の場合団体のコンクールなんかもそうだが、調和を体現したメンバーより、統率した先生や監督にスポットがあたりがち。それはそれで違和感を感じる。

大人数でやっているのに、メンバーは努力や精神が称えられ、能力の方は結局一人の統率する人が称えられる。ある意味、アンサンブルという言葉とは距離があります。大人数の方のアンサンブル能力こそを、団体としては評価されるべき。

団体精神論より個人の能力が高くなる方策が今の僕にはとても大事で、そのためには周りの力を借りることはありながらも、自分こそが周りに発信、そして全体に貢献する、そんな環境でなくてはならない。

結果、プロのオーケストラはそうだ。指揮者の素晴らしさばかり語られているうちは一流とは言い難いのだろう。各々のプレイヤーが光り、更にアンサンブルにも長けている。

そこを目指すとして、他人から「そうしろ」ではなく、自らがそう歩むことこそが必要。そのアプローチが、個人がちゃんと伸びる、実は唯一の真理かと。

僕は、間違わず、気合いを入れて、若者たちと向き合わなくてはならない。


N響、清水公演。

posted by take at 22:49| 活動報告

2016年08月28日

スマホの奇跡 金沢編


もう20年くらい前だろうか、新橋で秋山鴻市先輩と飲んでいる時

「吉川酒典!」

と言われたことがある。

とっさに

「はい、秋山いいちこさん」

と応えて呆れられたことがある……僕はまだ若かった。



充電器は仲間から借りてなんとかなりました。

たけ「これは、ガラケーをやめろってことかなー」

ぼそりとつぶやいてしまう。

たけ「ただ、ぼかあヘビーなブロガーやけに打ち込みがね」

I「でもね吉川さん、いまどきのスマホは喋ったら、文字入力されるのよ」

最近ガラケーからスマホに変えたIがグイグイ押してくる。でもなあ、基本電車の中で書いてるから、電話片手にブツブツ言ってたら、周りから真っ白な目で見られ、更に鉄道警察に捕まるよねー。

夕べ飲んだ後金沢にて夜ラーメンだったのだが、店の前で並んでいるとき、ヨッパよろしく皆でスマホに向かってあれこれ話しかけ、きちんと変換されるかで盛り上がっていた。

いろいろオモロー変換も出てきて、酔いもくるくるゲラゲラ笑っていたのだが、ある場面でIも僕も黙ってしまう瞬間が。

僕が「よしかわたけのり」って話しかけてもまるで人の名前にならないような変換なのに、Iが「よしかわさけのり」と叫ぶと

「吉川武典」

と変換された……な、なんでやねん。

新橋と加賀百万石が結び付いた夜。そんなあほながもたらした奇跡だと思いながら、金沢ラーメンをすすることになりました。

今日、「それは吉川武典で電話帳にはいってるからだよ」と教えられ、一気にテンション下がる。しかし夕べ、Iははっきりと「さけのり」とさけんだのだ。

今日確認するためもう一回やると「吉川鮭のり」と出ました。

スマホは、感性豊かやわ。


N響、豊橋公演。

posted by take at 23:19| 活動報告

2016年08月27日

風前の灯火


金沢なのですが、ガラケー充電器が壊れ、バッテリー風前の灯火ってるので、これ書くのもやっと。皆さんまた明日。


N響、金沢公演。



posted by take at 19:15| 活動報告