2016年07月26日

没頭力とスイッチ


「集中できることこそが続けられる」

ある時、こう気がつきました。いったん始めると、没頭して時の流れを忘れる。一区切りついて我に返った時、「こんなに経っていたのか」と。携わっている時の感覚は、とても短く感じる。きっと楽しいのだろうし、自分で「先のステップへ行きたい」と、変化を求めていること。

僕にとってはいくつもある。N響、ジパングはじめアンサンブルもそうだし、東邦や沖縄のレッスン、合宿も。沖縄の三日間なんて、驚くほど速く終わる。ブロカートだってそう。

「長いなあ、早く時間経たないかなあ」というのはない。結果、それらをセレクトし、変化と充実が宿るよう考え、そこにいる人たちと楽しく仲良くなれるよう努力していく。


逆に言うと、集中できないことは続かないし、続けられないことを選んでしまうと、時間は長く感じられしんどくなるとなる。

集中できるかどうか、つまり自分との相性の現実は、どうやっても自分の中にしかない。他人が「集中しろ」ったって無理だ。

実は「こんなに楽しいことなんだから、もっと集中して」というのも無理難題。

集中力は自然にわきあがる力なんだから、本人にだってわからないし、コントロールはきかない。



大学生は、目の色変わったように本気になり、向き合いだす、いわゆる「スイッチが入る」というタイミングが様々だ。平均的には、三年の後半から四年にかけて、もしくは四年になってからという人も多く、「もっと早く入んないかなあ」と思ったりするが、これまた仕方ない。

「先生はいつだったんですか?」

と質問された。正直、記憶にないので、大学に入るより前、受験の時だと思う、と答えた。


家人とその話をしていたら

「受験じゃなくて、中学で始めた時からスイッチ入ってたのよ」

と言われた。「なんでそう思うの?」と聞くと「なんとなく」と返ってきた。

本当はどうだかわからないが、他のことはほどほどに(ほったらかして)、トロンボーンと音楽に没頭してきた人生であることには間違いない。


彼らが、実は素晴らしい集中力に心も身体も奪われていることを、切に願う。

なぜなら、これこそ僕の勝手だが、続けて、上手くなり、トロンボーンでもって幸せになってほしいから。

本当にただの勝手なのですが、僕は他の幸せを知らないくらいこれに集中してきてしまったから、これしか知らないのです。


休日。

posted by take at 10:34| 活動報告