2016年07月21日

確率三編


かつて、この場に書いた確率話(僕、結構好きなんです)をみっつ。再び。


(^o^)世界の人口、70億人、その内の1億3,000万人が日本人。世界の人口、約54人に一人が日本人。お!けっこう多い。(中国人は14億人、世界の5人に1人っ!!)

私たちは生涯、その1億3,000万人の内、平均30,000人の人と出会う。4,333人に1人の人と会う計算。その中から、本当に親しく付き合う人は200人。出会った30,000人の内、150人に1人。

そんな確率で親しくなった人とは本当に縁があるのでしょう。

同時に、出会った150人の人の内、149人の人とは親しくならないとなる。これは凄い数字。

というか、出会った30,000人の内、29,800人の人とは親しくならない、なれない。これはもっと凄い数字。

更に、日本人1億3,000万人の内、1億2999万9800人の人とは、親しくなれない。世界中の、69億9997万人の人とは出会わないし、69億9999万9800人の人とは親しくならない。

それが、私たちの許容量。私たちの人生だということ。

もちろん世界中には、会うことすら不可能だが、素敵で素晴らしい人は物凄い数いるはずです。そんな出会えなかった人に思いを馳せることもできるが、実は、今目の前にいる人こそが、運命の人だということですね。



(^o^)日本のトロンボーンサウンドを商品として支える人、つまりプロプレイヤーと予備軍の音大生を足すと、正確にはわかりませんが1,000人位ではないかと。日本の人口1億3000万人を、仮に1メートル四方の正方形の大きさだとして、1,000人とはどの位の大きさか。

実は、0,7ミリ四方です。

これは、つまようじの先の部分くらい。ほとんど点みたいなもの。学食のテーブルが大体それくらいの大きさで、その中に、ようじの先をチョンと立てて

たけ「こうやって見ると、凄い少数派でしょ?この少数派で、この広いテーブルを埋め尽くす驚くほどの数の人々の幸せのために、トロンボーンを吹くことになるわけ。そう考えたら、下手っぴでいるわけにはいかんでしょ?!」



(^o^)僕の父親が残してくれたいくつかの言葉の中で、最も印象深く有難いもの。

吉川勇男「たけのり、人間は死亡率100パーセントやけんのぉ」


川越へ。

posted by take at 15:26| 活動報告