2016年07月17日

北国からの春


今日は生徒の結婚式でした。

東邦音大の先輩後輩。トロンボーンとチューバという、どこぞの放送局オーケストラのチューバ奏者と同じ組み合わせ。どうも一番後ろの雛壇の隣近所で吹いていると、周りが気づかないうちに仲良くなるらしい。

片やブロカートの団員で、片やエキストラだった。オケ全体でのアンサンブル重視の中、どうやら指揮者の知らないうちに、二人だけでコアなアンサンブルしていたようだ。

彼女は内面はしっかりとした強さを持っているが、普段はあまり外に出さないタイプ。暗い人ではない、物静かに微笑む感じ。声をたてずに大爆笑できるという特技もある。仕事はキッチリ丁寧で頼もしい。地道に成長しながら、進んでいる。友人にも恵まれている。マイペースとコミュニケーションをうまく使い分ける人。


新郎は、真面目なマニア。音楽大好きチューバ大好き。個性的な話し方がユニークで、少々いじられキャラ。優しく丁寧な印象。嫌われる理由がない、性根の素敵な人。

そんな二人は、新潟県柏崎市と青森県むつ市の出身。お互い北国らしい、明るく賑やか、アウトプット多めで余計なことも言う……とは、逆の人たち。

微笑ましく素敵なカップルだ。

これからも、社会人として、そして夫婦としても様々な経験をするだろう。でも、何があっても、マイナスを越えるプラスを育て、二人だけの幸せを手に入れていってほしい。

今年から来年にかけては、何人もの生徒が結婚する。ある意味ラッシュ。先生としての生徒の思い出を胸に、門出に対し祝福の拍手を贈れるのは、本当に心から嬉しく有難いことだ。

えり、きむじん、末永く幸せを育てていってください。


結婚式。

posted by take at 10:57| 活動報告