2016年07月16日

風をひく


風邪は万病の元などと言われるが、実は風も病のひとつだったりする。それは 『風(ふう)』 という病。

症状:見失える、やっている気になる、勘違いをする

処方箋:精査



かつて、さぬきうどんの名前が日本全土で乱用されたことに対し、「何をもってしてさぬきうどんを名乗れるか」みたいなのが話題になったことがある。同時に「手打ちうどん」と「手打ち風うどん」も話題として盛り上がり、その頃この「ふう」について、随分考えたことがある。

たとえばバッタもん、パッチもんなら、ふうというより「ニセモノ」になる。前述のさぬき手打ち風うどんは、手打ちうどんの偽物ではなく、「実は手打ちではないが、手打ちくらい美味しいよ」とのアピールとなる。ただ消費者としては風が付くと、どうしてもクオリティが低いのではないかと思ってしまう。

私たち演奏家がかかる風という病は、低いどころではなく間違いへ向かう恐ろしさが、実はあると思うのですが……


今月は、なはんこや(那覇となんこや)にて、「木と森」、そして「ムラ」について楽聖たちと随分研究をした。そんな中あらゆる演奏の不備に関して、

「きちんと精査しようと向き合えているのではなく、精査風、向き合ってる風ということなのではないか」

と強く感じ、彼らにも投げることになる。

一番感じるのは、テンポでありリズムなのだが、純然と割りきれるように設定されている音符の長さというものを、正確に刻みながら吹いているのではなく 「刻んでいる風」になっている。インテンポや正しいリズムというのは、きちんと精査するように刻んで初めて実現できるが、じゃあ寸足らずだったり間延びしたりの曖昧なリズムは、なぜ生まれるのか?どういう取り組みが生み出すのだろう?

それは、目に見える楽譜の音符、そのリズムを 「この音符は、大体こんなタイミングだったよな〜」と、極めてざっくりと脳が判断し、再現し、それでちゃんと吹いている気になる。つまり本物へ向かって精査をせず「リズム風」をやり、きちんとした気になっている。実は「風」は、そんな危険、かつ重症な病だ。


( ´△`)きちんと刻んでいる風

( ´△`)ムラなく音を並べている風

( ´△`)いい音を出している風

( ´△`)アーティキュレイション通りに吹いている風

( ´△`)ダイナミクスをきちんと表現できている風

( ´△`)本当に自分が吹きたいことをやろうとしている風 ナド


前都知事がオフィシャルな場で使ったため、一瞬使うのがはばかられる単語になった「精査」だが、僕は好きでよく使う。それは「風」にきちんと対抗することができる数少ない言葉のひとつだからですが、今一度、なかなかに厄介なかぜをひき、

「ふうに犯されている」

と自覚し、楽聖にも自分にも精査を処方する必要性を感じています。


レッスン。NTTレッスン。

posted by take at 09:26| 活動報告