2016年07月11日

脱ムラびと


演奏にムラがある。出来のよい部分と良くない部分があったり。それは技術にムラがあるということですね。

ムラの無い演奏ができる技術というのは、ホント大事。コプラッシュの存在意義は 「ムラを無くせ!!」みたいなものです。

「この音型、どんな音域でも、上がろうが下がろうが、ひっつこうが跳ぼうが、とにかく同じように、ムラが無いように吹いてみぃ!!」

と、コプラッシュさんは叫んでいる。入試、レッスン含め、このエチュードに世界中が価値を求めるのは、ムラ無き技術こそ重要と潜在的に理解できているからでしょう。


この「脱ムラ価値」ですが、私たちの人生の時間にもガッツリ横たわってたりします。

若い頃、仕事場でもよく聞いた言葉、

「彼は顔にでちゃうからね」

「吉川は、あの頃から随分表情も落ち着いたよね」

当時、厳しい雰囲気に支配されていたN響で、しんどいことがあったり厳しい当たりに対して、大人の対応ができず、不機嫌、不服が面にでてしまう。日常的にも自分だけのペース、気分の善し悪しがでたり。まあ、善しが出るのは問題ないでしょうが、悪しが分かりやすく出ることを周りは歓迎しない。

これを克服するのは、気分のムラを無くすこと。自分で悪しき感情をコントロールし、周りに気を遣わせない安定感を装備する。

メンタルも、社会にいる長さに相応する大人になるということ。


また身体も。若い頃は、その時やりたいことをやり、動きたいように動く。結果ばてたり、時には壊れるくらいまで具合が悪くなっていたりした。

年齢と共に、社会に組み込まれている自分の、不備のない安定感を持ち合わせる責任感が大きくなってくる。故にムラのない体調こそを意識した上で、ストレス過多にならないようコントロールしながらやりたいことをやる方策を選び始める。

与えられたであろう人生の長さ生ききるために、相応するムラのない体調を管理する大人になるということ。


とにかく、体調も、気分も、技術もムラがあってしまう。というか、ありまくってしまう。なんたって人間ですから。

そんな私たちが、ムラが無いよう努力することは、簡単ではない。困難に立ち向かうこと。実は、とても美しいし、素晴らしいことなのだだと思います。


川越へ。

posted by take at 11:49| 活動報告