2016年07月03日

タレかけご飯と七味唐辛子


天丼ってのは上手いっすよね。

ただでさえ(タダではないが)美味しい天ぷらたち、海の幸山の幸に衣のドレスをまとわせたものをご飯に乗せる。そんなやつらにぴったりな甘辛いタレが、二人の間をい〜い感じで取り持つ。

そら美味しいでしょう。


鰻丼も上手い。

脂ののったうなぎ、味にはコクと野性味が溢れる。純粋な白いご飯との間を、これまた甘辛いタレがい〜い感じで取り持つ。

そりゃ上手いがな。


天丼には七味唐辛子を、鰻丼には山椒をかけるのが定番ですね。

実は天ぷら単体には、唐辛子はかけない。てんつゆか塩である。つまり天丼にのみ合う調味料。

てか、凄く合うと思うんです。あのタレのかかったご飯に七味唐辛子が!!

鰻丼の場合はうなぎそのものと山椒の相性を感じるが、天丼はタレとご飯と唐辛子ですね。

僕の場合、天丼はたっぷり七味唐辛子がかかったタレかけご飯を、天ぷらをおかずに食べるという感覚に無類の喜びを感じる。

鰻丼の方が、強めのうなぎと優しくも逞しいご飯が混ざり合い融合を味わう印象だが、天丼は、あきらか素晴らしい唐辛子風味のタレかけご飯とおかずの天ぷらなんです。

変な意見かもしれませんが、あらゆるものと付き合う七味唐辛子にとって、このタレかけご飯はベストパートナーじゃないかと思うくらいなんです。


N響、益田公演。

posted by take at 20:29| 活動報告