2016年06月25日

ハムと友情


「女の友情はハムより薄い」

とあるツィートを見て、どかんどかんウケてしまいました。

実際に女の人同士の友情が厚いのか薄いのかは語りだすと大騒ぎになる。だからというわけでもなくてですが、そのコアな内容に関してではなく、ただ言葉の使い方にウケたわけですよ。

そもそもハムもいろいろあるじゃないか、な〜〜んて言い出したらこの名言は楽しめない。

これを、女性生徒軍団に投げてみたら

「先生、女の友情はオブラートより薄い“時が”あります」

と、あまりに深淵かつ衝撃的かつ笑劇的なコメントももらえた。しばらく突っ込んでいたが、深入りすると脱出不能からの大ケガしそうだったので、ある程度で切り上げました。かしこおぅぃぃ〜〜。

ただ、このツィートが流れていたテレビの議論、「女同士の友情について」だったのですが、生徒たちの言葉からも含め

「見返り」

というのは、ひとつのキーワードに感じた。

まあ男として、友情とか親友とかの内容を語ることはできるが、僕自身は普段強い友情や、親友という立場は欲していない。

周りにいる人は大切な人かそうでもない人であり、少なくとも大切な人からは見返りを求めないようにしたいと。いや、カッコつけてるわけではなくてですねぇ、まあ、理想ですね。年々そう思うのは確かです。

相手の反応が友情のバロメーターとなるとしたら、結果極めて居心地のよい会話と空間こそがそんな情だと感じて、それ自体は自分からなんとかして作りたいため、何が友情なのかわからなくなってくる。そもそも、そんな空間を作れない人とは、最初から、そしてずっと無理。友という情はまずもって派生しない。

友情は空気みたいなものかも。欲しがるものじゃなく、あったりするもの。しかも生まれたとしたら後になって「あれが友情だったのかなあ」なんて思い返すものかもしれません。


ツィートを楽しんでおきながら、やっぱりハムのラインナップを考えちゃいました。

ボンレスハム含め、ハムもいろんな厚さで頑張っているのに、素晴らしいツィートのせいで閑食においやられたじゃないか、美味しく食べてあげなければ可哀想だ、な〜んて。なんのこっちゃ。


ミュージックトゥモロー練習。ブロカート金管分奏。

posted by take at 21:09| 活動報告