2016年06月20日

自然にしなやかに


スライドをどう動かすかは実はとても大事で、僕自身はビデオのレッスンを始めて、客観的に楽聖や自分の動きを見て、理屈を築き上げてきた。

最近は雑誌でもスライディングの重要性について投稿するプレイヤーもいて、若者たちを見ていても洗練されていっている人も多いので、あちこちレッスンの場面でもアプローチがあるのでしょう。


僕は、自分が吹くビデオを見て「ふーん、こんな風に動かしてたんだ」と。つまり自分で考えたり練習したことはなかった。ある楽聖がそんな僕のビデオと見比べて「私のは、先生と比べると〇〇みたいな動かし方です」と。(女子が使うにはあまりに汚すぎる言葉なので、想像にお任せします)

つまり、僕のは結構自然で悪くなかったのです。腕の角度や様々なパーツの動く割合、関節の使い方。自分の音楽感を体現するために自然と動かしていただけだが結果悪くはなかった。

そこから見つけたやり口を楽聖たちとも共有していた。ただ、良くなる人いれば、なかなかいかない人もいた。


現在楽聖たちと試しているパターンは、スライドの動かし方は

「二の次」

である。まさに二の次。全く無視しているわけではなく、最優先することの後に添え物のようについている。

とあるこのやり方、僕が見る限り、様々なことがかなり改善、洗練される。

そして彼らの口から出るのは

「結局、スライドのことは意識してません。ていうか、余計なあれこれ、いろんなことを意識しない」


結局、それか!!


楽器も音楽も身体も複雑なので、細かい理屈は知りたい。知ることによって、様々な癖に対応したい、そして演奏の真理にたどり着きたい。

しかし最後は、意識から理屈がいなくなるようなやり方へと昇華しなければならない。

演奏とは、ただ喜びと瞳の輝きだけを持って、一心不乱に取り組むもの。

理屈とやり方を込めても、人間を模したロボットと私たち人間の動きの差のように、

「自然にしなやかに」

という壁が最後は立ちはだかる。


N響、定期練習。川越へ。

posted by take at 23:41| 活動報告