2016年06月14日

自分へのエール


「人の悪口を言うと、自分自身が傷つく理由」というのを読んで、メンタルコントロール、性格形成の理解が深まった(気がした)ことがあった。

脳科学の話。自分の発言に関して、脳は主語を理解出来ないという特徴があるので、他人の悪口を自分へのものと判断して落ち込んでしまうことがあるというもの。ただの罪悪感ではないという話です。

そのしんどさを紛らし、溜まったストレスを発散しようとしてまた悪口を言い、どんどんネガティブなキャラクターになっていくパターンもあるのかもしれません。

「傷つきやすい人ほど、他人を攻撃する」というのも当てはまる人もいて納得しがちですが、この脳の話からすると、結局自分自身で傷つく体質になっている可能性もありますね。


この話題で、実は更に興味深かったのは

「ゆえに、他人を褒めると、脳は自分のことと理解(勘違い)し高揚したりする」

というもの。根拠なく自分を良いと思ってしまうという、かなりおめでたい効果です。自信がもてる前向きな人生というのも、実は自分で導いていくことなのかもしれません。


これら悪口や褒める言葉だけでなく、自分の様々な発言が、先の時間、人生にかなり影響があるのではないかという気がしてきました。メンタルに暗示をかけることは実際多いのでしょうし、自分の発言で生き方が定まり、更なる発言で導かれていくこともあるのでしょう。

価値観が、確信なく話しつつ徐々に自分のものになっていったり、好き嫌いが、モラルでしゃべっりながらも気がついた時自分の信念になっていたり。


何か困難やハードルを目の前にした時、「自分は大丈夫」、「自分ならできる」等、ポジティブな展望を自分に語りかけることは大事でしょうね。

他人のいるところで、「自分は素晴らしい」みたいな発言は、周りとの距離もできそうなので控えた方が賢明だと思いますが、ひとりきりの時なら、自分にエールを贈るという意味で

「お前ならできる」「お前なら大丈夫」「お前は勝てる」「お前は成功する」(修造風)

なんて言葉を、自分に向けて発するのはいいんじゃないですかね。脳がその気になって、緊張をほぐし、実力がガッツリ発揮できる状態になるかもしれません。

実際僕も、コンチェルトやリサイタルの本番直前、グーッと緊張してきたら(場合によっては逃げ出したくなることもある)、楽屋で自分に話しかけたりする。

「何緊張してんの。初めてじゃないでしょ。もう何十年も、何十回もこうやって舞台に出ていって、なんとかなってきたじゃない。ビギナーじゃあるまいし、緊張してあがるようなタマじゃないでしょ。大丈夫よ。なるようになる」

すると、スーッと落ち着いてくるものです。


自分自身をおめでたいテイストで励まし、エールを贈る。上手くいけば、他人の力を借りずに、人生の様々な選択を間違うことなく、好転への道筋へともっていけるかもしれません。


川越へ。ジパング。

posted by take at 21:40| 活動報告