2016年06月11日

音なのロマン


問題です。

以下の発言はあるトロンボーン吹きのものですが、何歳の人のものでしょうか?


「爆音は、男のロマンだよね」


A,10歳 B,20歳 C,30歳 D,40歳 E,70歳


正解はA。小学四年生の発言。生徒が教えにいった小学校、四年生二人のレッスンだったそうだが、そのうちの一人がそう言って、目一杯吹くのだそう。

「とにかくその子なりにデカイ音が出ることを、私にアピールしたいみたいだったんですよ」

たけ「いやあ、いかにもオトコらしいパターンだね。女子ならそうならないよね」

まあ口にしているが、本当のロマン、その奥行きがわかる歳ではとうていない。大人のロマンは、切ない哀しさも滲むものであり、ため息は深海より深いからね。

たけ「それでなんて言ったの?」

「爆音だけでいいのかな?って。ていうか、私の方がおっきな音が出ることを示そうかと一瞬思ったんですけど、その後のレッスンが面倒くさいことになりそうなのでやめておきました」

ふむ、さすが僕の生徒、実に賢明だ。


ただ小四のこの発言、どうでしょう、今後の育ち方次第だが、ある意味頼もしいじゃあないですか。汚くなりたくないと、絶対mp以上で吹こうとしないスタンスより、未来に可能性を感じる。


更にイメージしてみて、皆さん、問題の選択肢にある年齢次第で、この発言をする人に対するイメージと、感じる可能性が違ってきませんか?

20歳は大学生。若気が至りまくって、学生のりがノリノリ。爆音もノリでバコーン。語るロマンも、コンパで騒いだ後の不器用な恋愛とともに、しょっぱくも切ない思い出として。

30歳になっても爆音なら、かなり考えた方がえーな。体力も社会でのたち位置の慣れも逞しいはずだが、だからこそそれだけでいいのかな?君には爆音以外の音は、聞こえてこないかい?

40歳になってこの発言なら、手遅れ感充満。この年齢だと、僕の生徒に限らず、周りの誰も「ちゃうやろ!」と言ってくれなくなっている。ま、本当に巨大なダメージを受けない限り、先の未来は暗い。


でもね皆さん、僕辺りの50歳、そして60歳すっとばして、70歳の人が言ったのだとしたら……


そら拍手喝采ですよね


なぜなら、そこには熟成しきった本物のロマンがあるのだから。


N響定期。

posted by take at 21:00| 活動報告