2016年06月10日

駅にて 2016


Facebookで見た、今朝の友人。品川駅に下り立つと

「おおみや〜おおみや〜」

とアナウンスが響いたそう。「品川から川越へ通う僕としては、夢のような話です」と書き込んだ。本当は帰路、大宮に着いたら「しながわ〜」なら尚夢度合いが高いが、冷静に考えてみると、例えば行き先反対方向を言ったとか、赤羽辺りでおおみや〜とか、大宮でかわごえ〜ならまだわかるが、品川でおおみや〜は言い過ぎではないだろうか。

「遠すぎ〜遠すぎ〜」



新馬場から北品川、そして品川の二駅で三分の旅。北品川駅では、時間帯が当たると品川女子の高校生(通称シナジョ)が大挙をなして乗り込んでくる。きっと「公共の場、電車内では静かにしましょう」と学校で指導されているはずだが、JKはそう簡単には生きない。扉が空いた途端に車内は鳥の巣のように賑やかになる。

先日、「本当に鳥の声みたい」という意見を聞いたので、目をつむって聞いてみたら、なんとあーた!!、本当に鳥の大群に聞こえるではないか。というか鳥にしか聞こえない。人類ではなく鳥類。

分析してみた。

やはり音域の高さ。そして早口に早口が被り重なるため、母音や子音を聞き取るより早く違う鳴き声が混ざってしまい、結果言葉ではなく

“チュンチュンチュンチュンチュンチュン………”

にしか聞こえない。

しかし一番の理由は、 「内容が無い」だと思われる。



外国人観光客ならまだわかるが、僕の大学の先輩(女性)は、学生時代、駅の看板『入口』を「はいろ」、『出口』を「でろ」と読んでいた。随分親しげであり命令口調でもある駅だ。

数十年経ったとある先日、その人と大阪の某駅で一緒になった。僕がSuicaで改札を通った瞬間

「すご〜〜い!吉川くんのスイカ、大阪でも使えるやつなのぉ?」

大きな声の標準語が、関西人だらけの駅構内に響いた。

「…先輩のでも通れます」

「ええっ!?私のは駄目なんじゃないかなあ。最近ってそうなの?」

「誰のでも、結構前からそうです」

先輩には、Suicaは未来のカードなようだ。


N響定期練習。川越へ。

posted by take at 16:05| 活動報告