2016年05月23日

車内アナウンス


ある人のブログにあったエピソード。東京駅で停車中の新幹線に乗ったらこのようなアナウンスが流れていたらしい。

「この列車、ひかり号新大阪行きです。こだま号ではございません。どうぞご注意ください。東京駅を出発いたしますと、名古屋駅まで停まりません。次の停車駅は名古屋です。どうぞ、お手元の乗車券をお確かめください。

本日、土曜日の午後でございます。土曜日の午後になりますと、小田原・熱海方面へお出かけのお客様が、こだま号と間違えて、ひかり号にお乗りになるケースが多々ございます。ご注意ください。この電車はひかり号新大阪行きです。こだま号ではございません。

東京駅を出発いたしますと、どのような事があろうとも、名古屋まで停まるわけには参りません」

いるんでしょうね。小田原や熱海辺りで 「あのう、降ろしてもらえませんでしょうか」 て懇願する人。でもどのような事があろうとも停まるわけにはいかないそうです。そらそうだ。


音楽家であるわけで、耳が良いはずの僕は新幹線に乗ると、

「ほにゃららほにゃらら will be Ueno」

ってのが、どーしても

「ルービ上野」

って聞こえてしまう。ルービ郡山、ルービ仙台。上野で降りてビール飲めと言われているみたいだが、どのような事があろうとも途中で降りるわけにいかず、我慢して目的地まで向かう。そらそうだ。


そんな僕は、最近 「この電車は押上行きです」が

「この電車は串揚げ行きです」

に聞こえるようになってきた。串揚げとビール、最高の組み合わせだが、電車のアナウンスで宣伝したりしない。そらそうだ。

ただの食いしん坊ではないか。

いやいや、老眼ならぬ老耳である。


N響定期練習。川越へ。

posted by take at 21:18| 活動報告