2016年05月21日

美しき田園風景


昨日今日の定期、マエストロ・ネーメ・ヤルヴィ、つまりヤルヴィ父ちゃんとの本番。息子とだけでなく、N響は近年このベテランマエストロとも共演の回数が増えている。

曲は、カリンニコフの交響曲第一番と田園。

素直に考えると、普段聞く機会もやる機会も少ない(アマチュア界ではよくやるとのこと)カリンニコフに印象が集まるが、昨日の本番は想定外の結果になった。もちろんカリンニコフも良かったのだが、『田園』が驚愕の場外ホームランとなったのです。

僕は今まで相当回数、田園をやってきた。新日フィル、N響共にやる機会は多いし、ここ10年は毎年大晦日にまでやっている。

その経験の中で、実はこの曲に対してある印象を持っていた。運命や第九、更に他の作曲家の作品と比べ、どんな指揮者でやっても似たような演奏になる曲だなと。細部のやり口、フォルム、テンポなんかもだいたい定まっており、ある意味この曲の名演になるパターンはもう型が出来上がっていると勝手に感じていた。つまり、やる方としては新鮮味はなくなっていたのです。

しかしヤルヴィパパの田園はまるで違った。楽章をおう毎にその新鮮な魅力は増していき、終楽章では、ただの伸ばしばかりの我々トロンボーンも、通常とは随分違う吹き方をした。音が出る度に、これでもかとニュアンスの変化に富んだ音を放った。

「今まで知らなかったが、田園ってこういう曲だったのかもしれない」

と思いながらのステージ、美しき田園風景を目の前に、強く幸せを感じる本番になった。


やはりオーケストラは長く続けてみるものだ。わかった気になっても、まだまだ知らない感動が隠れていて、陽の目をみる瞬間を待っている。驚きも感動も、まだまだこれからなのだろう。

ありがとう、ヤルパパ!!


N響定期。

posted by take at 18:24| 活動報告