2016年05月16日

Trb吉川密度


先日の演奏会に、実はトロンボーンを吹く吉川さんという方が聞きに来ていたと聞いた。NTT吹奏楽団の方の知り合い。男性だそう。


「ありゃま!いらっしゃる、吉川さん」


実は僕は、トロンボーン吹きどころか、金管吹きどころか、管楽器吹きどころか、演奏家どころか、音楽家どころか、知り合いにまで、吉川さんがほぼいない人生を歩んできた。親戚は……もちろんいる。

小学校の時、3クラスしかなかったが一人づつ吉川さんがいたことがある。それ以来、吉川さんにはなかなか会えない。

皆さん、ネットやFacebookで検索して、同姓同名を探したことありませんか?

Facebook上には、僕以外7人「よしかわたけのり」さんがいるよう。ただ「吉川武典」はいない。

実は苗字の登録は全国で約11万種類もあるそう。ある調査、その中での吉川は110位らしいので、考えてみたらかなりの多数派。ちなみに109位は水野さん、111は山内さん。どちらも音楽家含め複数の知り合いがいます。

なんで吉川さん、近寄ってこんのやろー?(近寄っていけてないんやろー?)

そんな日常の中での、吉川さん登場、しかもトロンボーンを吹いていると。先日のホールは248席で、実際は220人くらいご来場いただいてたようだが、その中に吉川さんがいた。もっと言えば、トロンボーンを吹く吉川があの空間に二人もいたことになる。少なくとも、世界で最もTrb吉川の密度が高い空間だったのではないだろうか?


お会いしたかったなー。吉川として生きトロンボーンを楽しみ。どんな人生ですか?

僕は………こんな感じです。このブログでほぼわかる、ははは、わかりやすいシンプルな奴でっさあ。


川越へ。

posted by take at 15:30| 活動報告