2016年05月11日

壮大な夢


「まねきねこ〜」

隣で飲んでいる生徒がつぶやいた。僕からは見えない位置、彼女の視線の先には、商売繁盛を願うにゃんこが鎮座しているよう。

「百万両って書いてある〜」

どうやら、にゃんこが持つ小判(大判?)は、そんな金額らしい。ほろ酔いな私が聡明な頭で妄想するに、これはそっくり、この店が最終的に稼ぎたい目標額なのだろう。


たけ「一両って、確か10万円くらいだっけ?」

「そんなに?でも、庶民でも持てたんですよね」

たけ「じゃあもう少し安かったのかなあ。10万じゃ持ち歩くの怖いし、落としたら大変やね」


生徒が調べてくれた。

諸説あるようだが、初期は10万円、江戸中期には5万円くらいに下がり、幕末には3千円程度にまで下落したよう。

たけ「なんとかー!凄い変動やなあ」

ふと計算してみる。百万両稼ぎたいということは、初期レートで1000億円、幕末レートで30億円という目標額になっている。

たけ「がいに欲張りやがな」

いや、人の希望はそれぞれ自由なので、他人がとやかく言う筋合いではない。ただ、今日僕はこの店に多分3千円くらい落とすのだろうが、そんなペースで百万回来店してようやく30億である。百万回一人で来るには、毎日来店しても約2740年必要なわけで、長生きを目指す僕でも(目指しとんか?)多分不可能なので、大人数で飲みに来るしかない。


随分夢のデカイ店だが、酒やつまみの値段設定はそれなりに庶民派であり、親近感がキンコンカン! 店長の優しさとなんこやに拡がる彼の壮大な夢は、現実的マッチングにほど遠くも感じるが、まあそれもまた人生。

とにかく難しいことはよくわからないので、少しでもドリームズカムとるー目指し、もう一杯ホッピーを注文してあげることにしよう。

え?もっと高いもの頼め? しゃーないなー、じゃあ 塩サバとブリカマ、あとタコワサビ……え?たこわさないの?この店!!


川越へ。

posted by take at 10:47| 活動報告