2016年04月30日

焼き鳥狂詩曲


毎年二日間の学祭、両日共焼き鳥を焼くのですが、初日にとにかく売りまくり、場合によっては二日めの仕入れ分まで手をつける。だいたい初日二日めで、2対1くらいの割合でいけるところまでいき、年によっては早めに売り切ることもできたりする。

しかし今年は、初日にまるで売れなかったため、一日で二日分を焼くことになる。というか、そういう指令を出す。

「おまんら、頑張って焼ききるのぢゃあ」

朝、この春卒業した楽聖、昨年の店長から二階級昇進した「名誉オーナー」の前髪が派手に焦げてしまう事件からスタート。ガスは一台づつ火をつけ、顔を近寄せすぎるのはやめましょう。

しかしこの手慣れた卒業生の的確な仕切りにより、何もわかってないはずの新入生が、まことに機敏に生産性の高い仕事をてきぱきてきぱき。指示まち君ではなく、自らが判断し動く賢い新入生ズなので、とても焼き鳥屋ビギナーとは思えない仕事っぷりに、たた後ろでエラソーに座っている僕も、ただ後ろでエラソーに座っているだけですんだ。

そんな楽聖とは対極、食べてるか飲んでるか演奏聞いてるかだけの生産性の全く無い先生が、夕刻オーケストラの演奏を聞き終わりホールを出ると、もう彼らは模擬店を撤収していた。


「先生、売り切りました」

な、なに〜〜〜〜〜っ!素晴らしいやないかっ!!

あれだけの量の焼き鳥を解凍し、あれだけの量の焼き鳥に下味をつけ、あれだけの量の焼き鳥を焼き、そして全てを売り切ったのかっ!!!

焼けばできるぢゃないかっ!!!!!


なんて素晴らしいやつらなんだ。もちろんOB、OGたちの協力、フレンズコメジの手伝いもあっての偉業に「ムギョウ!!」、素晴らしいチームワークだが、それにしても物凄い量の仕入れだったのだ。

おそらく六時間以上、ずっと焼き続けた彼ら。焼き鳥がとても美味しく人々の舌と胃袋の幸せに貢献したのだとしたら、そんな鶏肉を焼いたのは、彼らの情熱という価値あるホットな火なのだろう。

名誉オーナーの前髪、オマヌ毛大ボ毛を焼いたのは、スットコドッコイなオッパッ火゜ーです。


東邦祭、二日目。

posted by take at 11:15| 活動報告